プロスピA-2022シリーズ2中継1回目は無課金スルーが吉

2022シリーズ2中継ランキング

プロスピA・2022シリーズ2中継1回目が登場です。

シリーズ2のポジション追加が続々登場で追いつくのが大変ですね。

個人的にはこのタイミングで通常Sランクの中継ぎにエナジー使うのはNG。

今はアニバーサリーに向けてエナジー稼ぎがおススメです。

基本的に無課金勢は通常Sランクをガチャで狙うのはおススメしません。

 目次

2022シリーズ2中継1回目入手方法

Sランク確定戦力強化スカウト10連

  • 登場日:2022年9月20日
  • 登場ガチャ:戦力強化スカウト
  • ガチャ期間:9月20日~9月27日12:59
  • 併催ガチャ:3600万DL記念福袋(新選手確定ではない)
  • Sランク報酬イベント:ドリームキャラバン(新選手確定ではない)

シリーズ2中継1回目能力値一覧

2022シリーズ2Sランク中継

まずは2022シリーズ2中継の能力値を確認です。

清水 昇:ヤクルト

2022シリーズ2中継清水

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Eストレート D 151km/h
ツーシームファスト A 139km/h
Dカーブ D 119km/h
スライダー D 132km/h
3280A77B65C46E60C70B奪三振◎
対ピンチ・改
要所○

【個人的寸評】

球威+1、制球-1で登場。

球種は変わらず。

★3称号精密機械で球威・制球A同値が狙えるのは大きい。

特殊能力「要所〇」の初登が面白そうです。

アルカンタラ:阪神

2022シリーズ2中継アルカンタラ

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先S抑Fストレート C 156km/h
サークルチェンジ D 135km/h
SFF B 144km/h
カーブ F 123km/h
スライダー C 136km/h
ツーシームファスト D 152km/h
3274B76B75B46E50D76B超豪速球
キレ・改
対ランナー

【個人的寸評】

制球-1で登場。

SFFがCからBに、スライダーがBからCになっています。

★3称号不屈の闘志で全同値が狙えます。

限界突破なしに先発も使えるのはありがたいですね。

今村 信貴:巨人

2022シリーズ2中継今村

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先C抑Gストレート D 147km/h
スライダー D 128km/h
スローカーブ D 100km/h
フォーク B 132km/h
ツーシームファスト D 143km/h
カットボール F 138km/h
3274B69C69C45E55D65C奪三振◎
キレ・改
球持ち

【個人的寸評】

制球-1で登場。

球種的にはストレート、スライダー、カットボールがダウンしてしまいました。

ケムナ 誠:広島

2022シリーズ2中継ケムナ

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート C 154km/h
SFF D 142km/h
Dカーブ D 121km/h
スライダー C 134km/h
スライダー F 134km/h
3172B59D62C41E40E74B奪三振◎
ノビ・改
荒れ球

【個人的寸評】

球威-3で登場。

球種的にはSFFがFからD、スライダーがワンランクずつアップとなっています。

ロドリゲス:中日

2022シリーズ2中継ロドリゲス

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先B抑Gムービングファスト B 155km/h
スプリット D 147km/h
ナックルカーブ B 135km/h
スライダー D 140km/h
3177B62C70B38F51D79B奪三振◎
ノビ・改
要所○

【個人的寸評】

能力値変わらずで登場。

球種的にはムービングファストDがBとアップです。

限界突破なしに先発も使えます。

エスコバー:DeNA

2022シリーズ2中継エスコバー

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Fストレート A 160km/h
スライダー B 140km/h
サークルチェンジ E 138km/h
ツーシームファスト E 155km/h
3381A76B70B40E40E81A超豪速球
対ピンチ・改
ノビ

【個人的寸評】

制球-2で登場。

球種は変わらずですね。

特殊能力奪三振が対ピンチ改になってきました。

本田 仁海:オリックス

2022シリーズ2中継本田

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先S抑Fストレート D 158km/h
サークルチェンジ D 136km/h
縦スライダー D 137km/h
カーブ D 124km/h
スライダー B 138km/h
フォーク D 142km/h
3274B72B60C47E50D75B超豪速球
キレ・改
ノビ

【個人的寸評】

能力値変わらずで登場。

球種的にはスライダーDがBとアップしています。

限界突破なしに先発も使えます。

★2称号圧倒的な制球で球威・制球同値が狙えます。

小野 郁:ロッテ

2022シリーズ2中継小野

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート D 157km/h
フォーク D 141km/h
スラーブ B 138km/h
高速スライダー C 144km/h
チェンジアップ F 135km/h
カーブ F 123km/h
3176B60C60C41E40E77B奪三振◎
ノビ・改
対ピンチ

【個人的寸評】

通常Sランクは2021シリーズ1以来。

球威+2、制球-1となっています。

ストレート、スラーブ高速スライダーはアップ、フォークがダウンしてしまいました。

宋家豪:楽天

2022シリーズ2中継宋

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート B 156km/h
チェンジアップ A 135km/h
カーブ D 123km/h
スライダー D 136km/h
ツーシームファスト D 152km/h
縦スライダー D 135km/h
3177B65C64C30F44E76Bノビ◎
キレ・改
要所○

【個人的寸評】

球威-1、制球+3で登場。

チェンジアップBがAになってきましたがツーシームファストはCからDにダウンです。

特殊能力も対ピンチが要所〇になったのは微妙なところ。

又吉 克樹:ソフトバンク

2022シリーズ2中継又吉

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Cストレート B 150km/h
高速シュート C 148km/h
超高速シンカー E 143km/h
カットボール A 141km/h
スライダー D 131km/h
3278B78B68C46E61C71B対ピンチ◎
ノビ・改
コントロール

【個人的寸評】

通常Sランクは2021シリーズ1以来1年ぶり。

能力値は変わらずとなっています。

2022はセレクションで登場済みですが、シリーズ2の方がデフォルトで球威・制球同値ですし球種的にもこちらかなと思います。

北山 亘基:日ハム

2022シリーズ2中継北山

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先S抑Sストレート A 156km/h
フォーク D 140km/h
ナックルカーブ C 132km/h
高速スライダー E 143km/h
チェンジアップ E 135km/h
3176B61C65C45E51D73B奪三振◎
ノビ・改
対ピンチ

【個人的寸評】

Sランク初登場。

限界突破なしで全ポジション使えるのはウレシイ。

能力値的には今後に期待の選手ですね。

水上 由伸:西武

2022シリーズ2中継水上

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート C 150km/h
シンキングファスト C 146km/h
縦スライダー D 130km/h
Dカーブ E 118km/h
高速スライダー C 137km/h
フォーク E 135km/h
カットボール B 141km/h
3177B64C61C42E53D71Bキレ◎
対ピンチ・改
打たれ強さ

【個人的寸評】

球威+2、制球+3で登場。

球種的にはフォークが追加されストレート、シンキングファストがアップしてきました。

自然回復の間にお小遣い稼ぎ
楽天スーパーポイントスクリーン
楽天スーパーポイントスクリーン
開発元:Rakuten Group, Inc.
無料
posted withアプリーチ

シリーズ2中継1回目欲しいランキング

2022シリーズ2中継ランキング

通常Sランクの欲しいランキングは、現状のオーダーや手持ちの選手などで大きく変わってきます。

ここではなるべくシンプルに能力値を基準に欲しいランキングとしてみましょう。

欲しいTOP3

まずは今回登場した中継の欲しいトップ3選手です。

エスコバー:DeNA

球種は4つと少なめですが、やはり球威Aは欲しいところ。

清水 昇:ヤクルト

球威・制球A同値が狙えるのが大きい。

又吉 克樹:ソフトバンク

デフォルトで球威・制球同値はコンボ的に抑えたいところ。

個人的欲しいランキング

  1. エスコバー:DeNA
  2. 清水 昇:ヤクルト
  3. 又吉 克樹:ソフトバンク
  4. アルカンタラ:阪神
  5. 本田 仁海:オリックス
  6. 今村 信貴:巨人
  7. ロドリゲス:中日
  8. 宋家豪:楽天
  9. 水上 由伸:西武
  10. 北山 亘基:日ハム
  11. 小野 郁:ロッテ
  12. ケムナ 誠:広島

【まとめ】2022シリーズ2中継1回目

2022シリーズ2は連続でポジション追加が登場しています。

ガチャ引くとなるとかなりエナジーが必要ですから無課金はムリ。

また能力値的にもここでエナジー使うのはNGですね。

ここはエナジー稼いでアニバーサリーがっつりゲットしましょう。

エナジーの貯め方裏技を一挙公開!

Vロードにイベント報酬…

エナジーの貯め方は判ったけど、その時間が無いんだよね。

手っ取り早くガチャのエナジーが欲しい!!!

って思ったことないですか?

そこでSランクがんがん持ってる友人にいくら課金したか聞いた答えがコレ!

「ポチるだけでエナジーゲットできる裏技使えば?」

自分だけトクするんじゃアレなんで、いつも読んでくれているお礼に紹介しちゃいます!

⇒無課金でSランク大量ゲットの裏ワザを見てみる!

 

2022シリーズ1中継4回目入手方法

おすすめガチャ

グレードアップスカウトは無課金はスルーがおススメ。

新選手確定ではないですが、併催イベントプロスピ妖怪道でSランクゲットといきましょう。

2022シリーズ1中継4回目能力値一覧

2022シリーズ1中継4回目一覧

初登場が多い2022シリーズ1中継4回目。

まずは能力値、球種他を確認していきましょう。

木澤 尚文:ヤクルト

2022S1 中継木澤

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先B抑Gストレート D 155km/h
縦スライダー D 135km/h
Dカーブ F 122km/h
カットボール E 146km/h
SFF E 143km/h
3175B73B65C46E50D75B対ピンチ◎
奪三振
援護

【個人的寸評】

通常Sランク初登場。

2021覚醒ドラ一とジュニアトーナメントで出場しています。

★2称号圧倒的な制球で球威・制球同値が狙えます。

球種的には縦スライダーとSFFの使い分けが楽しそうです。

渡邉 雄大:阪神

2022S1 中継渡邉

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート D 142km/h
高速スライダー C 130km/h
シンキングファスト D 138km/h
3174B76B60C46E51D59D対左打者◎
奪三振
キレ

【個人的寸評】

Sランク初登場。

★2称号圧倒的な球威で球威・制球同値が狙えます。

3球種はちょっと使い勝手がイマイチかもですね。

鍬原 拓也:巨人

2022S1中継鍬原

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先F抑Gストレート C 153km/h
高速シンカー D 140km/h
フォーク F 137km/h
カーブ F 120km/h
カットボール C 144km/h
サークルチェンジ E 132km/h
スライダー F 134km/h
3172B74B63C38F50D69Cノビ◎
打たれ強さ
対ランナー

【個人的寸評】

通常Sランク初登場。

2018に覚醒ドラ一で登場しています。

★2称号圧倒的な球威で球威・制球同値が狙えます。

球種的には覚醒からフォークが追加になっています。

矢崎 拓也:広島

2022S1中継矢崎

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先D抑Gストレート B 153km/h
SFF E 141km/h
ツーシームファスト E 149km/h
縦スライダー F 133km/h
3075B56D68C49E41E73B奪三振◎
ノビ
荒れ球

【個人的寸評】

Sランク初登場。

なんと球種が上下方向のみの4球種となっています。

清水 達也:中日

2022S1中継清水

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先S抑Gストレート D 149km/h
SFF B 137km/h
Dカーブ E 117km/h
スライダー F 130km/h
3176B66C64C48E43E68C奪三振◎
キレ
対左打者

【個人的寸評】

Sランク初登場。

限界突破なしで先発も使えるのはウレシイ。

今後の能力値アップが期待されるところです。

伊勢 大夢:DeNA

2022S1中継伊勢

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先F抑Gストレート A 153km/h
高速シュート D 151km/h
チェンジアップ E 140km/h
スライダー D 134km/h
ツーシームファスト D 149km/h
カットボール D 144km/h
3178B71B62C34F41E73B奪三振◎
ノビ
対ピンチ

【個人的寸評】

球威+3、制球+7で登場。

★2称号圧倒的な球威で球威Aが狙えます。

球種的にはカーブが無くなってストレートCがAになっています。

ビドル:オリックス

2022S1中継ビドル

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先F抑Dストレート C 156km/h
スライダー D 136km/h
ナックルカーブ D 132km/h
ツーシームファスト F 152km/h
3076B60C61C51D46E76B超豪速球
奪三振
対ピンチ

【個人的寸評】

Sランク初登場。

球種がちょっと変則的でしょうか。

ゲレーロ:ロッテ

2022S1中継ゲレーロ

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Dストレート E 163km/h
縦スライダー D 142km/h
スライダー E 142km/h
ツーシームファスト E 158km/h
3176B69C63C40E41E85A超豪速球
奪三振
ノビ

【個人的寸評】

通常Sランク初登場。

2022覚醒助っ人外国人で登場しています。

その時から制球+10となってきました。

ストレート163㎞で決めたいところ。

西口 直人:楽天

2022S1中継西口

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先C抑Gストレート B 153km/h
チェンジアップ C 132km/h
ナックルカーブ E 104km/h
カットボール E 144km/h
フォーク E 137km/h
3176B62C60C30F32F73Bノビ◎
奪三振
対ピンチ

【個人的寸評】

球威+1で登場。

球種的にはストレートCがBになってきました。

特殊能力”対ランナー”が”対ピンチ”になったのはイイですね。

藤井 皓哉:ソフトバンク

2022S1中継藤井

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先F抑Gストレート C 155km/h
フォースラ C 135km/h
スライダー E 135km/h
縦スライダー D 135km/h
3178B60C63C41E41E63C奪三振◎
キレ
ノビ

【個人的寸評】

Sランク初登場。

★2称号圧倒的な球威で球威Aが狙えます。

特にリアタイ勢の間ではフォースラが話題ですね。

リアタイメインなら欲しいNo1でしょうか。

吉田 輝星:日ハム

2022S1中継吉田

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先C抑Gストレート B 148km/h
SFF D 137km/h
Dカーブ F 116km/h
高速スライダー D 135km/h
ツーシームファスト D 144km/h
縦スライダー F 128km/h
ナックルカーブ F 125km/h
カットボール F 139km/h
3174B72B62C63C64C67Cノビ◎
奪三振
対左打者

【個人的寸評】

通常Sランク初登場。

2021パワスピスターズ、2019覚醒ドラ一で登場。

2021から球威+5、制球+17となっています。

★2称号圧倒的な制球で球威・制球同値が狙えます。

球種的にも使い勝手が良さそうです。

本田 圭佑:西武

2022S1中継本田

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先S抑Gストレート E 146km/h
サークルチェンジ C 126km/h
フォーク C 131km/h
カーブ D 115km/h
カットボール D 137km/h
高速スライダー D 134km/h
3275B75B69C38F41E64Cノビ◎
対右打者
対ピンチ

2022シリーズ1中継4回目ランキング

2022シリーズ1中継4回目ランキング

欲しい中継は現状のオーダーや、純正や12球団など狙うオーダーによって、またリアタイとリーグでも変わって来ます。

ここではなるべくシンプルに能力値や球種などから欲しいランキングとしてみましょう。

欲しいTOP3

まずは欲しいトップ3選手から。

本田 圭佑:西武

デフォルトーで球威・制球同値はコンボ的にもやっぱり欲しいところ。

先発も使えるのでオーダーの幅が広がりそうです。

伊勢 大夢:DeNA

称号で球威Aも狙えるし、ストレートAが魅力的ですね。

木澤 尚文:ヤクルト

縦スライダーとSFFの使い分けが楽しそうです。

先発も使えるのでオーダーの幅が広がりそうです。

個人的欲しいランキング

  1. 本田 圭佑:西武
  2. 伊勢 大夢:DeNA
  3. 木澤 尚文:ヤクルト
  4. 渡邉 雄大:阪神
  5. 吉田 輝星:日ハム
  6. 鍬原 拓也:巨人
  7. 藤井 皓哉:ソフトバンク
  8. ゲレーロ:ロッテ
  9. 清水 達也:中日
  10. 西口 直人:楽天
  11. ビドル:オリックス
  12. 矢崎 拓也:広島

【まとめ】2022シリーズ1中継4回目

2022S1中継4回目は初登場、久々登場が多いですね。

先発5回目と同時登場ですが、無課金勢は通常ランクをイベント報酬でゲットがおススメ。

エナジーはTSやアニバーサリーに使いましょう。

2022シリーズ1中継3回目入手方法

自チームS狙い打ち

超自チームS狙い打ちは、無課金勢はスルーがおススメ。

新選手確定ではないですが、SランクゲットはエージェントAでいきましょう。

シリーズ1中継3回目能力値評価一覧

2022シリーズ1中継3回目

2022シリーズ1中継ぎ3回目は、エキサイティングで登場済み選手にセレクション登場しそうな選手も登場。

まずは能力値を確認です。

清水 昇:ヤクルト

2022中継ぎ清水

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Eストレート D 151km/h
ツーシームファスト A 139km/h
Dカーブ D 119km/h
スライダー D 132km/h
3279B78B65C46E60C70B奪三振◎
対ピンチ
対左打者

【個人的寸評】

球威+3、制球-1で登場。

エキサイティングで登場済みですね。

特殊能力”ノビ”が”対左打者”になっています。

★3称号技巧派で球威・制球A同値が狙えます。

浜地 真澄:阪神

2022中継ぎ浜地

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先SGストレート C 150km/h
SFF E 138km/h
Dカーブ D 118km/h
スライダー D 131km/h
チェンジアップ F 129km/h
カットボール E 141km/h
3172B74B65C43E51D69Cコントロール◎
ノビ
対ランナー

【個人的寸評】

Sランク初登場。

称号で球威・制球同値が狙えます。

限界突破なしで先発も使えるのはウレシイところ。

今村 信貴:巨人

2022中継ぎ今村

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先S抑Gストレート C 147km/h
スライダー C 128km/h
スローカーブ D 100km/h
フォーク B 132km/h
ツーシームファスト D 143km/h
カットボール D 138km/h
3174B70B69C45E55D65C奪三振◎
援護
球持ち

【個人的寸評】

2021S1以来の登場。

制球+4、スタミナ-1となってきました。

また前回のメインポジション先発も限界突破なしで使えます。

★2称号針の穴を通す制球で球威・制球同値が狙えます。

塹江 敦哉:広島

2022中継ぎ塹江

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先E抑Gストレート C 153km/h
スライダー B 134km/h
スローカーブ F 104km/h
チェンジアップ E 141km/h
サークルチェンジ F 132km/h
ツーシームファスト D 149km/h
3075B60C64C51D43E73B対ピンチ◎
キレ
奪三振

【個人的寸評】

能力値変わらずで登場。

スライダーCがBにアップしましたが、先発がCからEとサブポジが使いにくくなってしまいました。

ロドリゲス:中日

2022中継ぎロドリゲス

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先SGムービングファスト D 153km/h
スプリット D 145km/h
ナックルカーブ B 134km/h
スライダー D 138km/h
3177B62C70B38F51D79B奪三振◎
ノビ
対左打者

【個人的寸評】

球威+2で登場。

メインポジション先発が中継ぎになってきました。

そのおかげで限界突破なしで先発も使えるのが大きい。

エスコバー:DeNA

2022中継ぎエスコバー

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Fストレート A 160km/h
スライダー B 140km/h
サークルチェンジ E 138km/h
ツーシームファスト E 155km/h
3281A78B70B40E40E81A超豪速球
奪三振
ノビ

【個人的寸評】

球威-1、制球+1で登場。

★3称号精密機械で球威・制球A同値が狙えます。

ここはA同値にして使いたいですね。

本田 仁海:オリックス

2022中継ぎ本田

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先SGストレート D 155km/h
サークルチェンジ D 134km/h
縦スライダー D 135km/h
カーブ D 122km/h
スライダー D 135km/h
フォーク F 139km/h
3174B72B60C47E50D75B超豪速球
キレ
ノビ

【個人的寸評】

Sランク初登場。

★2称号圧倒的な制球で球威・制球同値が狙えます。

先発も限界突破なしで使えます。

ただB球種以上が無いのがイマイチでしょうか。

東條 大樹:ロッテ

2022中継ぎ東條

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート E 148km/h
高速シュート F 146km/h
シンカー F 124km/h
Dカーブ F 116km/h
スライダー B 129km/h
カットボール F 139km/h
3174B70B63C42E50D67C対ピンチ◎
キレ
奪三振

【個人的寸評】

2021S1以来の登場。

制球+3となっています。

★2称号針の穴を通す制球で球威・制球同値が狙えます。

球種にDカーブが増えましたがスライダー以外はマイナスですね。

ブセニッツ:楽天

2022中継ぎブセニッツ

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Cストレート D 156km/h
高速チェンジアップ E 144km/h
ナックルカーブ B 132km/h
カットボール D 146km/h
ツーシームファスト E 152km/h
3175B69C61C38F46E76Bキレ◎
重い球
ノビ

【個人的寸評】

2021S1以来の登場。

制球+4、スタミナ-3となっています。

球種もナックルカーブ以外はマイナスですね。

抑Sもなくなってしまったのは残念。

モイネロ:ソフトバンク

2022中継ぎモイネロ

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Sストレート A 158km/h
スライダー D 138km/h
Dカーブ B 124km/h
縦スライダー A 137km/h
サークルチェンジ B 136km/h
3283A68C66C33F49E79B対ピンチ◎
キレ
奪三振

【個人的寸評】

能力値変わらずで登場。

メインポジションが抑えから中継ぎになってきました。

そのため限界突破なしで抑えも使えるのがありがたい。

堀 瑞輝:日ハム

2022中継ぎ堀

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート B 148km/h
スライダー B 129km/h
サークルチェンジ D 128km/h
ツーシームファスト F 144km/h
カットボール F 139km/h
3178B62C67C44E42E67C対ピンチ◎
奪三振
ノビ

【個人的寸評】

球威+1、制球-2で登場。

スライダーCがBにアップしています。

特殊能力も内容は変わらずですが対ピンチ◎になってきたのはなかなか良さそうです。

水上 由伸:西武

2022中継ぎ水上

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート D 152km/h
シンキングファスト D 148km/h
縦スライダー D 132km/h
Dカーブ E 119km/h
カットボール C 143km/h
高速スライダー D 139km/h
3075B61C61C42E53D71Bキレ◎
奪三振
対ピンチ

【個人的寸評】

球威+1、制球+2で登場。

球種などは変わらずとなっています。

第3特殊能力”ノビ”が”対ピンチ”になってきました。

2022S1中継3回目欲しいランキング

2022中継ぎ

同じタイミングでセレクションが登場しているので、エナジー使うならセレクションでキマリです。

ただ純正狙いやどうしても中継補強したいなら今回狙う感じでしょうか。

シンプルに能力値や球種で欲しいランキングにしてみましょう。

欲しいTOP3

まずは欲しい3選手です。

エスコバー:DeNA

球威・制球A同値が狙えるのが大きい。

とくに球威Aの同値選手はオーダーにいればいるほどイイ感じです。

清水 昇:ヤクルト

4球種と少なめですが”奪三振””対ピンチ”が強そうです。

球威・制球A同値が狙えるのも欲しいところ。

モイネロ:ソフトバンク

中継ぎ3回目で最高の球威。

球種も悪くないし特殊能力も強力です。

欲しいランキング

  1. エスコバー:DeNA
  2. 清水 昇:ヤクルト
  3. モイネロ:ソフトバンク
  4. 今村 信貴:巨人
  5. 浜地 真澄:阪神
  6. 本田 仁海:オリックス
  7. 東條 大樹:ロッテ
  8. ロドリゲス:中日
  9. ブセニッツ:楽天
  10. 堀 瑞輝:日ハム
  11. 水上 由伸:西武
  12. 塹江 敦哉:広島

【まとめ】2022シリーズ1中継3回目

2022セレクション第1弾と同時登場の中継3回目。

無課金勢はスルーが吉ですね。

ここはセレクション第2弾に向けてエナジー稼いでおきましょう。

2022シリーズ1中継2回目入手方法

おすすめガチャ

通常Sランクは今回のガチャ以降、イベントやガチャでも登場してきます。

ただ、新選手を確定で欲しい場合はガチャあるのみ。

もちろん無課金勢はスルーです。

2022シリーズ1中継2回目能力値一覧

2022Sランク中継2回目

まずは2022シリーズ1・Sランク中継2回目の能力値と球種をみていきましょう。

今野 龍太:ヤクルト

2022シリーズ1中継今野

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート A 151km/h
フォーク D 136km/h
カーブ D 119km/h
カットボール D 142km/h
スライダー F 132km/h
3177B62C67C30F38F70B対ピンチ◎
ノビ
対左打者

【個人的寸評】

スタミナ+1で登場。

称号で球威Aが狙えます。

球種的には純正リーグオーダー向けでしょうか。

岩貞 祐太:阪神

2022シリーズ1中継岩貞

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先C抑Gストレート C 150km/h
カットボール E 141km/h
スラーブ C 132km/h
フォーク B 135km/h
サークルチェンジ F 129km/h
ツーシームファスト E 146km/h
カーブ E 118km/h
3175B72B69C50D52D69Cノビ◎
奪三振
打たれ強さ

【個人的寸評】

球威-1、制球-2で登場。

先発SもC限界突破3回必要になりました。

純正リーグオーダー向けでしょうか。

鍵谷 陽平:巨人

2022シリーズ1中継鍵谷

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート B 153km/h
フォーク D 137km/h
カーブ F 120km/h
スライダー C 134km/h
パーム F 132km/h
カットボール F 144km/h
3175B64C61C38F40E73B対ピンチ◎
奪三振
ノビ

【個人的寸評】

球威-2、制球-1、スタミナ+1で登場。

変化量が若干増えた上に対ピンチ◎となりました。

対ピンチ◎発動前提でリアタイもありでしょうか。

森浦 大輔:広島

2022シリーズ1中継森浦

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先D抑Gストレート C 149km/h
スライダー D 130km/h
カーブ E 117km/h
サークルチェンジ B 128km/h
スローカーブ F 101km/h
3176B64C63C51D56D68Cノビ◎
奪三振
球持ち

【個人的寸評】

制球+1で登場。

先発SがDになってしまったのは広島純正には哀しいところです。

祖父江 大輔:中日

2022シリーズ1中継祖父江

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Cストレート C 150km/h
ツーシームファスト D 148km/h
縦スライダー B 130km/h
高速スライダー B 137km/h
チェンジアップ E 129km/h
3275B80A66C44E46E69Cキレ◎
打たれ強さ
対ランナー

【個人的寸評】

球威-1、スタミナ+1で登場。

横方向の高速スライダーがCからBになったのはなかなかイイ感じです。

球種的にはリーグオーダー向けでしょうか。

砂田 毅樹:DeNA

2022シリーズ1中継砂田

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート C 146km/h
スライダー C 127km/h
カーブ F 115km/h
高速スクリュー D 134km/h
高速シュート E 144km/h
カットボール C 137km/h
3278B74B67C42E51D64Cキレ◎
対ピンチ
コントロール

【個人的寸評】

制球-2、スタミナ+1で登場。

球種ではフォークがなくなりました。

チェンジアップもカットボールになった感じでしょうか。

比嘉 幹貴:オリックス

2022シリーズ1中継比嘉

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート C 146km/h
高速シュート E 144km/h
高速シンカー C 134km/h
超スローカーブ C 91km/h
高速スライダー C 134km/h
スロースライダー D 120km/h
3175B75B60C57D58D64Cキレ◎
対ピンチ
クイック

【個人的寸評】

2021シリーズ1以来、制球+5となります。

デフォルトで球威・制球同値となってきたのはリーグオーダー的にはウレシイところ。

国吉 佑樹:ロッテ

2022シリーズ1中継国吉

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート C 159km/h
SFF C 147km/h
カーブ F 125km/h
カットボール B 149km/h
高速スライダー E 145km/h
3178B60C68C40E40E80A超豪速球
奪三振
荒れ球

【個人的寸評】

球威+1で登場。

純正リーグオーダー向けでしょうか。

安樂 智大:楽天

2022シリーズ1中継安楽

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート B 151km/h
サークルチェンジ B 130km/h
フォーク D 136km/h
カーブ E 119km/h
スライダー C 132km/h
3177B61C67C25F35F70B奪三振◎
対ピンチ
キレ

【個人的寸評】

球威-1、制球-1、スタミナ+1で登場。

称号で球威Aが狙えます。

サークルチェンジCがBと強化されています。

特殊能力では援護◎がキレになったのも強化といえそうです。

嘉弥真 新也:ソフトバンク

2022シリーズ1中継嘉弥真

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート C 147km/h
高速スライダー A 134km/h
サークルチェンジ D 127km/h
シュート C 143km/h
3175B73B60C50D52D65C対ピンチ◎
対左打者
ノビ

【個人的寸評】

球威-1、制球-2で登場。

球種的にはシュートBがCとマイナスになりました。

宮西 尚生:日ハム

2022シリーズ1中継宮西

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Cストレート B 145km/h
スラーブ B 127km/h
スクリュー D 122km/h
かとフォ E 141km/h
スラーブ B 127km/h
3280A77B63C44E48E63C対ピンチ◎
キレ
奪三振

【個人的寸評】

制球-1で登場。

抑BがCとなったので限界突破が必要になってきました。

ストレートAもBにダウンですが、リアタイでもリーグオーダーでも両方使えそうです。

増田 達至:西武

2022シリーズ1中継増田

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Sストレート B 154km/h
フォーク D 138km/h
Dカーブ D 121km/h
高速スライダー C 141km/h
縦スライダー D 134km/h
3277B79B69C38F52D74Bノビ◎
奪三振
対ピンチ

【個人的寸評】

球威-2、制球+1で登場。

称号で球威・制球同値が狙えます。

球種的にはストレートAがBに、高速スライダーBがCとなっています。

限界突破なしで抑えも使えるのはウレシイところ。

2022シリーズ1中継2回目欲しいランキング

2022シリーズ1中継ランキング

欲しいSランク中継は、手持ちのSランクやリーグ・リアタイでかなり変わって来そうです。

現時点では2022のSランクの手持ちが少ないプレイヤーも多いと思います。

まずはスピリッツ4000のSランクをオーダーに欲しいところでもあります。

欲しいTOP3

中継ぎ2回目のなかでも特に欲しい3選手をピックアップです。

宮西 尚生:日ハム

中継ぎ2回目で唯一の球威Aは魅力ですね。

能力値・球種的にリーグはもちろんリアタイでも使えるので欲しいプレイヤーは多いのではないでしょうか。

砂田 毅樹:DeNA

制球がダウンしてしまったのが残念ですが、全体のバランスはまだまだイイ感じです。

称号で球威Aを決めて使いたいところです。

増田 達至:西武

やはり球威・制球同値が狙えるのは大きい。

限界突破なしで抑えも使えるので、手持ちのSランクが少ない無課金勢にはウレシイところ。

個人的欲しいランキング

  1. 宮西 尚生:日ハム
  2. 砂田 毅樹:DeNA
  3. 増田 達至:西武
  4. 祖父江 大輔:中日
  5. 比嘉 幹貴:オリックス
  6. 岩貞 祐太:阪神
  7. 嘉弥真 新也:ソフトバンク
  8. 鍵谷 陽平:巨人
  9. 国吉 佑樹:ロッテ
  10. 安樂 智大:楽天
  11. 今野 龍太:ヤクルト
  12. 森浦 大輔:広島

【まとめ】2022シリーズ1中継2回目

中継ぎ2回目は飛び抜けた能力値は少ないですが、リーグオーダー的には使いやすい選手が多そうです。

ただ、TSの登場もあるので無課金勢はここはガチャはNGですね。

通常Sランクはイベント報酬でゲットがおススメです。

2022シリーズ1中継1回目入手方法

2022グランドオープン福袋

2022シリーズ1中継1回目能力値一覧

2022シリーズ1Sランク

まずは、2022最初に登場した中継選手の能力値を確認です。

個人的評価も参考になれば幸いです。

田口 麗斗:ヤクルト

2022シリーズ1中継田口

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先S抑Gストレート E 147km/h
スライダー B 128km/h
スローカーブ D 100km/h
フォーク D 132km/h
スロースクリュー D 114km/h
ツーシームファスト D 143km/h
カットボール D 138km/h
3173B73B73B41E48E65Cキレ◎
対ピンチ
打たれ強さ

【個人的寸評】

制球+3となって、なんとデフォルトで全同値で登場です。

しかも限界突破なしで先発もOK。

これはリーグ的にはムッチャうれしい所。

球種的にもなかなかです。

アルカンタラ:阪神

2022シリーズ1中継アルカンタラ

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先S抑Gストレート C 156km/h
サークルチェンジ D 135km/h
SFF C 144km/h
カーブ F 123km/h
スライダー B 136km/h
ツーシームファスト D 152km/h
3274B77B75B46E50D76B超豪速球
奪三振
コントロール

【個人的寸評】

Sランク初登場。

限界突破なしで先発も使えるのは大きい。

外国人選手には珍しく制球型となっています。

高梨 雄平:巨人

2022シリーズ1中継高梨

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート D 146km/h
スライダー A 127km/h
フォーク F 131km/h
スクリュー F 123km/h
ツーシームファスト C 144km/h
高速スライダー F 134km/h
3178B69C61C42E40E64C対ピンチ◎
キレ
奪三振

【個人的寸評】

球威+1、制球-3で登場。

球種数も+2となてきました。

スライダーが2つあるのは使い分けが楽しそうです。

島内 颯太郎:広島

2022シリーズ1中継島内

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート B 157km/h
サークルチェンジ C 135km/h
フォーク C 141km/h
スライダー F 137km/h
3177B73B65C43E40E77B奪三振◎
ノビ
豪速球

【個人的寸評】

球威+2、制球+2、スタミナ+1で登場。

ストレートがCからB、サークルチェンジがEからCへアップしてきました。

個人的には球種がもう一つ欲しい気がします。

谷元 圭介:中日

2022シリーズ1中継谷元

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート C 149km/h
シュート E 144km/h
サークルチェンジ D 128km/h
フォーク E 134km/h
カーブ C 117km/h
カットボール C 140km/h
3175B79B59D52D52D68C対ピンチ◎
対右打者
キレ

【個人的寸評】

球威+2、制球+19、スタミナ-2と制球が爆上げとなっています。

B球種以上が欲しいところですね。

山﨑 康晃:DeNA

2022シリーズ1中継山﨑

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Sストレート B 153km/h
シンキングファスト D 149km/h
ツーシームファスト B 146km/h
縦スライダー F 133km/h
カーブ E 120km/h
カットボール D 144km/h
3277B76B66C51D52D73Bキレ◎
ノビ
対ランナー

【個人的寸評】

球威-2、制球-1で登場。

称号で球威・制球同値が狙えます。

また限界突破なしで抑えもOKなのはありがたい。

リーグオーダー向けといえそうです。

山田 修義:オリックス

2022シリーズ1中継山田

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート C 146km/h
カットボール B 137km/h
スローカーブ D 99km/h
チェンジアップ C 126km/h
ツーシームファスト E 142km/h
高速スライダー B 134km/h
3075B62C61C34F40E64C対ピンチ◎
キレ
奪三振

【個人的寸評】

球威-1で登場。

球種、特殊能力は変わらずとなっています。

唐川 侑己:ロッテ

2022シリーズ1中継唐川

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート D 148km/h
サークルチェンジ C 128km/h
SFF E 137km/h
スローカーブ D 101km/h
カットボール A 139km/h
スライダー E 129km/h
3277B75B64C35F40E67Cキレ◎
対ピンチ
球持ち

【個人的寸評】

制球-2で登場。

球威・制球同値が崩れてしまったのはイタイ。

特殊能力”コントロール◎”が”キレ”に変わったのはどうでしょうね。

宋家豪:楽天

2022シリーズ1中継宋

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート B 156km/h
チェンジアップ B 135km/h
カーブ F 123km/h
スライダー D 136km/h
ツーシームファスト C 152km/h
縦スライダー D 135km/h
3178B62C64C30F44E76Bノビ◎
キレ
対ピンチ

【個人的寸評】

制球+1となってきました。

球種的には変わらずですね。

特殊能力”超重い球”が”ノビ◎”になったのは個人的にはOKかなと。

板東 湧梧:ソフトバンク

2022シリーズ1中継坂東

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート D 152km/h
フォーク B 137km/h
Dカーブ D 119km/h
カットボール C 143km/h
ツーシームファスト D 148km/h
スローカーブ E 104km/h
スライダー F 133km/h
3178B64C57D41E55D71B奪三振◎
キレ
対ピンチ

【個人的寸評】

能力値・特殊能は変わらず。

球種的にはカットボールDがCにアップしていますが、大きな違い話無さそうですね。

ロドリゲス:日ハム

2022シリーズ1中継ロドリゲス

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先C抑Dストレート D 157km/h
シンキングファスト C 152km/h
チェンジアップ B 144km/h
縦スライダー E 136km/h
カーブ D 123km/h
3175B70B68C30F43E77Bキレ◎
コントロール
対ランナー

【個人的寸評】

球威-1、制球-3で登場。

他は変わらずとなっています。

武隈 祥太:西武

2022シリーズ1中継武隈

ポジション球種コスト球威制球スタミナ捕球スローイング肩力特殊能力
継S 先G抑Gストレート C 142km/h
スライダー B 124km/h
スローカーブ E 97km/h
チェンジアップ C 122km/h
3076B60C62C32F55D59Dノビ◎
奪三振
対ランナー

【個人的寸評】

2021は覚醒で登場。

球威+1、制球+2、スタミナ+2となってきました。

球種はスライダーCがBに。

特殊能力もイイ感じではないでしょうか。

中継1回目欲しいランキング

2022シリーズ1中継田口

中継ぎ欲しいTOP3

個人的に欲しい3選手をピックアップしてみました。

田口 麗斗:ヤクルト

デフォルトで全同値はコンボ的に超有利ですね。

限界突破なしで先発も使えるので、まだSランク投手の手持ちが少ない無課金初心者にはウレシイ。

アルカンタラ:阪神

”超豪速球”持ちの制球型、球威もなかなか。

限界突破なしで先発も使えるので、Sランクが少ない無課金初心者にもおススメです。

山﨑 康晃:DeNA

能力値的には若干ダウンしてしまいましたが、称号で球威・制球同値が狙えます。

限界突破なしで抑えも使えるのが大きいですね。

個人的欲しいランキング

  1. 田口 麗斗:ヤクルト
  2. アルカンタラ:阪神
  3. 山﨑 康晃:DeNA
  4. 谷元 圭介:中日
  5. 島内 颯太郎:広島
  6. 唐川 侑己:ロッテ
  7. 高梨 雄平:巨人
  8. ロドリゲス:日ハム
  9. 宋家豪:楽天
  10. 板東 湧梧:ソフトバンク
  11. 山田 修義:オリックス
  12. 武隈 祥太:西武

【まとめ】2022シリーズ1中継1回目

プロスピA・2022シリーズ1中継はA能力値などとんがった能力値はいませんが、限界突破なしでサブポジションが使えたり、同値がいたりと、なかなかのSランクが揃っています。

特にリーグオーダー的にはスピリッツ4000は大きい。

エナジー効率考えながらゲット、オーダーに入れていきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

three × 2 =