プロスピA-2024シリーズ1・中継2回目欲しい当たりランキング

2024Sランク中継2回目当たりランキング

<本ページはプロモーションが含まれています>

2024シリーズ1・中継ぎ2回目が登場。

グランドオープンで登場した中継1回目に続いて中継ぎ2回目が登場です。

Sランク中継ぎ投手2回目の能力値ランキングです。

2024シリーズ1中継ぎ2回目入手法

戦力強化スカウト

  • 2024シリーズ1中継ぎ2回目登場日:4月1日
  • 登場ガチャ:戦力強化スカウト
  • ガチャ期間:2024年4月1日~4月4日14:59
  • 報酬イベント:なし

シリーズ中継ぎ2回目能力値一覧

2024中継2回目能力値一覧

岩貞 祐太:阪神

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先G抑G ストレートB 154km/h
カットボールD 145km/h
スラーブB 135km/h
フォークD 138km/h
サークルチェンジF 133km/h
ツーシームファストE 150km/h
カーブF 121km/h
35 77B 76B 70B 50D 52D 74B キレ◎
ノビ
内角〇

【個人的寸評】

球威-1となって登場。

持っている変化球も優秀でキレ◎もある優秀な選手。

★1称号の制球自慢で球威制球の同値が狙えるのも嬉しいポイントです。

島内 颯太郎:広島

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先G抑F ストレートB 157km/h
サークルチェンジA 135km/h
フォークD 141km/h
スライダーF 137km/h
カットボールF 147km/h
34 76B 73B 65C 43E 40E 77B 超豪速球
対ピンチ
ノビ

【個人的寸評】

球威+1となって登場。

球種にカットボールが追加されました。

特殊能力の奪三振◎が超豪速球、豪速球・改が対ピンチ、対右打者がノビに変わっています。

前回はメインポジションの中継ぎ一本でしたが、サブポジで抑えにいけるようになりました。

なんだか、もう少し何か欲しい感じがしてイマイチですが、★3称号の精密機械で球威制球の同値が狙えるのは嬉しいですね。

ウェンデルケン:DeNA

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先G抑C 真っスラB 155km/h
高速シンカーC 142km/h
スラーブC 136km/h
ツーシームファストE 151km/h
DカーブD 122km/h
34 78B 66C 65C 41E 53D 75B ノビ◎
対ピンチ
キレ

【個人的寸評】

球威+1スタミナ+2となって登場。

球種は少ないがいい速度の変化球を持っており、まさに量より質という所ですね。

しかも、特殊能力にはノビ◎、対ピンチ、キレを持っており優秀。

そのうえ、限界突破3回で抑えも任せられる優良選手です。

★2称号の圧倒的な球威で球威Aが狙えるのは嬉しいところです。

中川 皓太:巨人

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先G抑S ストレートB 151km/h
スラーブB 133km/h
ツーシームファストD 147km/h
DカーブF 119km/h
35 75B 76B 68C 43E 42E 70B 対ピンチ◎
キレ
ノビ

【個人的寸評】

制球+2スタミナ+1となって登場。

前回はメインポジションの中継ぎ一本でしたが、抑えも行けるようになりました。

しかも適性はSと、限界突破なしでサブポジもOKなのは嬉しいですね。

しかし、球種からチェンジアップがなくなってしまったのは悲しい。

★1称号の球威自慢で球威制球の同値が狙えるので救われますね。

清水 昇:ヤクルト

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先G抑B ストレートC 152km/h
ツーシームファストA 140km/h
DカーブD 119km/h
カットボールD 143km/h
35 78B 80A 65C 46E 60C 71B 対ピンチ◎
キレ
コントロール

【個人的寸評】

球威-1制球+1となって登場。

サブポジの抑えの適性がSからBに少しダウンしてしまいました。

球種にも変化があり、スライダーがなくなりカットボールが追加されています。

★2称号の圧倒的な球威で球威制球のA同値が狙えるのは嬉しいところ。

しかも、特殊能力が対ピンチ◎、キレ、コントロールと非常に優秀。

球種がもう少し増えればな、と思わなくもないですが十分に強い選手です。

藤嶋 健人:中日

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先F抑E ストレートA 148km/h
SFF C 137km/h
ナックルカーブD 125km/h
スライダーD 129km/h
35 80A 76B 66C 43E 53D 67C ノビ◎
対ピンチ
安全圏

【個人的寸評】

球威+1となって登場。

サブポジの先発の適性がEからFへ、抑えの適性がGからEとなり限界突破次第でどこでも投げられます。

特殊能力は奪三振・改が対ピンチ、対左打者が安全圏になりました。

変化球が少ないのがネックですが、ナックルカーブやSFFなどいいものを持っているので、落ち込むほどではありません。

球威が80A、特殊能力にノビ、対ピンチを持っており、そのうえどこでも投げられる。

いい選手ですので持っていて損はありません。

山﨑 颯一郎:オリックス

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先E抑F ストレートA 160km/h
フォークB 144km/h
ナックルカーブD 135km/h
高速スライダーB 146km/h
34 78B 66C 67C 38F 42E 81A 超豪速球
ノビ
対ピンチ

【個人的寸評】

能力値変わらずで登場。

球種がカットボール、ツーシームファスト、縦スライダーがなくなり、高速スライダーが投げられるようになりました。

ただ、ガッツリ球種が減ってしまい残念。

しかし、★2称号の圧倒的な球威で球威Aが狙え、特殊能力も超豪速球、対ピンチもちで優秀。

サブポジの先発の適性がCからEへとダウンしてしまいましたが、どこでも投げられるのも嬉しいポイントです。

坂本 光士郎:ロッテ

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先F抑G ストレートB 153km/h
カットボールD 144km/h
スラーブD 134km/h
フォークD 137km/h
34 75B 65C 66C 50D 45E 73B ノビ◎
キレ
安全圏

【個人的寸評】

制球-1スタミナ+1となって登場。

特殊能力の対左打者◎がノビ◎、ノビ・改がキレ、奪三振が安全圏に変わっています。

ノビ◎、キレと特殊能力はいい感じのものがついて、球種もカットボールやスラーブなどいいものを持ってます。

あと何かしらあったらな、そう思うのは贅沢でしょうか。

しかし、持っていたら損はない選手ですね。

藤井 皓哉:ソフトバンク

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先S抑G ストレートA 156km/h
フォースラA 140km/h
カーブE 123km/h
スライダーC 136km/h
縦スライダーC 135km/h
34 81A 59D 70B 41E 41E 76B 超豪速球
ノビ
キレ

【個人的寸評】

能力値変わらずで登場。

特殊能力の奪三振がなくなり、ノビが追加されています。

球威が81Aと高く、特殊能力も超豪速球、ノビ、キレ持ちと優秀。

そのうえ、デフォルトでサブポジの先発適性がSなので限界突破が必要ないのもお強いポイントです。

鈴木 翔天:楽天

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先G抑F ストレートA 155km/h
スラーブB 136km/h
縦スライダーD 135km/h
高速スクリューE 142km/h
シュートF 150km/h
カーブE 122km/h
サークルチェンジF 134km/h
33 78B 56D 62C 43E 52D 75B 対ピンチ◎
キレ
ノビ

【個人的寸評】

能力値変わらずで登場。

球種がカットボールがなくなりました。

特殊能力は対左打者がノビに変わっています。

球種も優秀、球速もいい、特殊能力も対ピンチ◎、キレ、ノビと優秀といい感じの鈴木選手。

★2称号の圧倒的な球威で球威Aが狙えるのも嬉しいところです。

平井 克典:西武

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先E抑G ナチュラルシュートD 150km/h
ツーシームファストE 148km/h
SFF D 138km/h
ナックルカーブF 127km/h
高速スライダーA 137km/h
カットボールD 141km/h
34 71B 72B 71B 42E 45E 69C キレ◎
対ピンチ
対右打者

【個人的寸評】

制球-2スタミナ-1となって登場。

球種がだいぶ変わりました。

なくなったのはストレート、高速シュート、シンカー、フォーク、スライダーの5種。

追加されたのはナチュラルシュート、ツーシームファスト、SFF、高速スライダーの4種です。

特殊能力は援護・改がなくなり、対右打者が追加されました。

★2称号の攻めの投球術で球威制球スタミナの全同値が狙えますし、特殊能力はキレ◎、対ピンチ持ちと優秀な選手ですね。

池田 隆英:日ハム

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先C抑G ストレートB 153km/h
サークルチェンジD 132km/h
縦スライダーB 133km/h
スローカーブE 104km/h
高速スライダーB 140km/h
ツーシームファストD 149km/h
フォークC 137km/h
カットボールE 144km/h
34 76B 70B 72B 50D 56D 73B ノビ◎
キレ
外角〇

【個人的寸評】

球威+2制球+3スタミナ+1となって登場。 特

殊能力のキレ◎がノビ◎、奪三振が外角〇に変わりました。

いい選手なんですが、もう一つ何か武器が欲しいところ。

とはいえ、能力値は球威制球スタミナ全てB、ノビ◎、キレ持ちと優秀なことは間違いないです。

限界突破3回でサブポジの先発にも行けるし、ツーシームファストがあったりと球種も良いものを持っているんです。

持っていて損はありません。

中継ぎ2回目欲しい当たりランキング

2024中継2回目当たりランキング

  1. 清水 昇:ヤクルト
  2. 藤嶋 健人:中日
  3. 岩貞 祐太:阪神
  4. 中川 皓太:巨人
  5. 島内 颯太郎:広島
  6. 池田 隆英:日ハム
  7. ウェンデルケン:DeNA
  8. 山﨑 颯一郎:オリックス
  9. 平井 克典:西武
  10. 坂本 光士郎:ロッテ
  11. 藤井 皓哉:ソフトバンク
  12. 鈴木 翔天:楽天

【まとめ】2024シリーズ1中継ぎ2回目ランキング

2024シリーズ1・Sランク中継ぎ2回目が続けて登場。

リーグオーダーにはなるはやで欲しいところです。

エナジーの貯め方裏技を一挙公開!エナジー不足解消

Vロードにイベント報酬…

エナジーの貯め方は判ったけど、その時間が無いんだよね。

手っ取り早くガチャのエナジーが欲しい!!!

って思ったことないですか?

そこでSランクがんがん持ってる友人にいくら課金したか聞いた答えがコレ!

「ポチるだけでエナジーゲットできる裏技使えば?」

自分だけトクするんじゃアレなんで、いつも読んでくれているお礼に紹介しちゃいます!

 

2024シリーズ1中継ぎ1回目入手法

グランドオープン福袋

2024シリーズ1中継ぎ能力値一覧

2024シリーズ1

島本 浩也:阪神

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先G抑G ストレートC 148km/h
スライダーB 129km/h
スローカーブD 101km/h
SFF B 137km/h
シュートE 143km/h
34 74B 70B 63C 46E 55D 67C 対左打者◎
対ピンチ
グラウンドボーラー

【個人的寸評】

2020S1以来、4年ぶりの登場。

球威-3制球-4スタミナ-3となっています。

特殊能力がノビ◎が対左打者◎、キレが対ピンチ、奪三振がグラウンドボーラーに変わりました。

対ピンチを獲得しても全体的にダウンした印象の島本選手。

しかし、対ピンチに新たな特殊能力のグラウンドボーラーをゲットしているので残念と言ってしまうには早いかもしれません。

大道 温貴:広島

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先C抑G ストレートB 154km/h
サークルチェンジD 133km/h
SFF E 142km/h
スラーブD 135km/h
カットボールB 141km/h
縦スライダーC 134km/h
34 74B 63C 68C 44E 53D 74B ノビ◎
キレ
要所〇

【個人的寸評】

Sランク初登場。 サブポジの先発に限界突破3回で行けるようになります。

変化球の変化量がもう少し欲しいところでしたが、ノビ◎、キレ、要所〇と特殊能力は優秀。

初登場にしたらとてもいい感じです。

次回に期待が出来ますね。

伊勢 大夢:DeNA

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先G抑F ストレートB 153km/h
高速シュートE 151km/h
チェンジアップC 140km/h
カーブE 120km/h
スライダーD 134km/h
ツーシームファストD 149km/h
カットボールD 144km/h
34 77B 74B 62C 34F 41E 73B ノビ◎
キレ
安全圏

【個人的寸評】

球威-1となって登場。

特殊能力が対ピンチ◎がノビ◎、ノビ・改がなくなり安全圏に変わりました。

変化球のコントロールがダウンしているものが多く、特殊能力の対ピンチがなくなったのは痛手。

しかし、ノビ、キレを持っていて、球威型、しかも★3称号の精密機械で球威制球の同値が狙えるのは嬉しいポイント。

バルドナード:巨人

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先G抑F ストレートB 156km/h
スラーブF 137km/h
サークルチェンジD 135km/h
ツーシームファストD 152km/h
33 76B 60C 62C 49E 57D 76B 対右打者◎
豪速球
対ランナー

【個人的寸評】

Sランク初登場。

変化量も悪くない変化球に限界突破4回で抑えも行ける新外国人選手。

しかし、通常Sランクで出てしまったがために育成がAランク5枚必要など育成が困難。

特殊能力もそれほど強くないため取りに行くかは悩みどころです。

しかし、今後に期待して持っておくのも損はないです。

石山 泰稚:ヤクルト

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先G抑G ストレートD 153km/h
フォークB 137km/h
DカーブE 120km/h
スライダーB 134km/h
ワンシームE 149km/h
34 75B 76B 64C 41E 52D 73B キレ◎
ノビ
奪三振

【個人的寸評】

球威-1制球+1となって登場。

特殊能力の球持ちが奪三振に変わりました。

サブポジだった抑えの適性がEからGとなりメインポジの中継ぎ一本になりました。

球種にサークルチェンジがなくなり、ワンシームが追加されています。

元々変化球の変化量が優秀だった石山選手。

ワンシームも追加され、更にいい感じに。

特殊能力もキレ◎、ノビ、奪三振と強く、★1称号の球威自慢で球威制球の同値が狙えるのも嬉しいところ。

清水 達也:中日

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先G抑G ストレートC 155km/h
SFF B 143km/h
DカーブD 122km/h
カットボールD 146km/h
スライダーE 135km/h
34 80A 67C 65C 48E 43E 75B ノビ◎
キレ
奪三振

【個人的寸評】

能力値変わらずで登場。

特殊能力の奪三振◎がノビ◎、ノビ・改がキレ、対ピンチが奪三振に変わりました。

対ピンチはなくならないでほしかったけど、ノビ、キレ、奪三振も優秀。

球威も80Aと高いため、持っていて損はないですね。

阿部 翔太:オリックス

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先F抑F ストレートB 153km/h
フォークB 137km/h
カーブE 120km/h
高速スライダーD 140km/h
SFF B 141km/h
35 78B 76B 70B 50D 63C 73B 対ピンチ◎
キレ
ノビ

【個人的寸評】

能力値変わらずで登場。

特殊能力は内角〇がなくなり、ノビに変わりました。

限界突破が4回必要ですが、先発、抑えのどこでも投げることが出来ます。

しかも、特殊能力は対ピンチ◎、キレ、ノビととっても優秀。

そのうえ、★2称号の圧倒的球威で球威Aを狙えるし、★2称号の圧倒的請求では球威制球の同値も狙えます。

東妻 勇輔:ロッテ

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先G抑G ツーシームファストD 148km/h
高速シュートF 150km/h
フォークC 145km/h
縦スライダーB 132km/h
スライダーA 133km/h
ストレートF 152km/h
高速スライダーD 139km/h
34 74B 70B 61C 45E 40E 71B 超グラウンドボーラー
キレ
対ピンチ

【個人的寸評】

Sランク初登場。

フォークやスライダー、縦スライダーなどいいものを持っていますね。

しかも、特殊能力は超グラウンドボーラーやキレ、対ピンチとこっちも強い。

初登場で球種も良い、特殊能力もいいなんてとても強い選手です。

持っていて損はないというか、重宝するのではないでしょうか。

津森 宥紀:ソフトバンク

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先G抑G ナチュラルシュートA 154km/h
シンカーE 129km/h
スラーブC 135km/h
ツーシームファストF 150km/h
34 79B 70B 58D 42E 50D 74B ノビ◎
キレ
安全圏

【個人的寸評】

能力値変わらずで登場。

特殊能力の対ピンチ・改がキレ、球持ちが安全圏に変わっています。

欲を言えば、対ピンチはなくならないでほしかったですが、キレも優秀なので残念かといわれると人によるかもしれませんね。

★1称号の球威自慢で球威Aが狙えるし、ノビ、キレもちで優秀な選手です。

渡辺 翔太:楽天

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先G抑D ストレートC 154km/h
スプリームD 141km/h
パームB 133km/h
高速スライダーD 141km/h
サークルチェンジE 133km/h
スライダーF 134km/h
34 76B 63C 63C 41E 57D 74B キレ◎
重い球
対ピンチ

【個人的寸評】

能力値+1で登場。

メインポジが抑えから中継ぎに変わりました。

元々のメインポジだった抑えは適性がSからDになり、サブポジとして投げることが出来ます。

球種からカーブとカットボールがなくなり、高速スライダーとサークルチェンジが追加されました。

特殊能力は安定感が対ピンチに変わっています。

キレに重い球、対ピンチと優秀で前回より強くなった印象の渡辺選手です。

水上 由伸:西武

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先G抑F ナチュラルシュートD 148km/h
ツーシームファストD 144km/h
フォークE 133km/h
DカーブE 116km/h
スライダーB 129km/h
ツーシームファストE 144km/h
高速スライダーD 135km/h
34 75B 68C 60C 42E 53D 67C 対ピンチ◎
キレ
グラウンドボーラー

【個人的寸評】

球威-3制球-3スタミナ-1となって登場。

特殊能力の内角〇がグラウンドボーラーに変わっています。

能力値は全てダウンしており、弱くなってしまったかと思いきや特殊能力が優秀です。

対ピンチとキレ、グラウンドボーラーを持っており、球種もナチュラルシュートやツーシームファストが二種類と面白いですね。

抑えの適性がGからFになっており、サブポジとしていけるようになりました。

玉井 大翔:日ハム

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
継S 先G抑F ストレートB 149km/h
ツーシームファストD 147km/h
サークルチェンジE 128km/h
フォークD 134km/h
カーブD 117km/h
カットボールD 140km/h
34 71B 73B 67C 43E 40E 68C 超グラウンドボーラー
キレ
対ランナー

【個人的寸評】

2023S1以来、1年ぶりの登場。

球威-1制球+7となっています。

特殊能力の超重い球が超グラウンドボーラー、打たれ強さがキレ、内角〇が対ランナーに変わりました。

抑えの適性がGからFになりサブポジとして抑えにも行けるようなってます。

全方向の変化球持ち、特殊能力にキレもゲットしていい感じですね。

しかも★2称号の圧倒的な球威で球威制球の同値も狙えます。

2024シリーズ1中継ぎ能力値ランキング

2024シリーズ1中継ぎランキング

  1. 阿部 翔太:オリックス
  2. 伊勢 大夢:DeNA
  3. 石山 泰稚:ヤクルト
  4. 津森 宥紀:ソフトバンク
  5. 清水 達也:中日
  6. 島本 浩也:阪神
  7. 東妻 勇輔:ロッテ
  8. 玉井 大翔:日ハム
  9. 水上 由伸:西武
  10. 渡辺 翔太:楽天
  11. 大道 温貴:広島
  12. バルドナード:巨人

【まとめ】2024シリーズ1中継ぎ当たりランキング

2024シリーズ1・Sランク中継ぎはスピリッツ4600。

リーグオーダーにはなるはやで欲しいところです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

19 + eighteen =