プロスピA-覚醒可能選手2019!ネクストスター当たりランキング

覚醒可能選手ネクストスター

プロスピA・2019シリーズ2の覚醒可能選手が登場して来ましたね!

その名もネクストスター。

シリーズ1で登場した「期待の若手」の野手版、文字通りこれからのスターという事で通常Sランク登場の可能性もありそうです。

イベント限定自チーム契約書でどの選手を取るべきか?

評価一覧とランキングをみてみましょう。

覚醒可能・ネクストスター評価一覧

2019シリーズ2では初登場となった覚醒可能選手【ネクストスター】評価一覧です。

覚醒Sランクは純正オーダー狙いなら入手しておきたいところですが、12球団目線だと必須というほどでもないかもしれません。

そうした点を踏まえて覚醒前後の能力値だけでなく、ポジション適性にも注目していきましょう。

鈴木 将平:西武

覚醒可能ネクストスター鈴木

選手名 球団 覚醒STS ポジション コスト 弾道 ミート パワー 走力 捕球 スローイング 肩力 特殊能力 選手傾向
鈴木 将平 西武 A 左D 中D右D 18 低弾道 44E 44E 69C 37 F 39F 48E 走塁
S 左D 中D右D 24 低弾道 54D 54D 79B 40E 42E 51D 走塁
選球眼
盗塁
積極盗塁 

【寸評】覚醒初登場。走力値は高いがSランクとしては、まだまだ上がいるので今後に期待といったところ。

栗原 陵矢:ソフトバンク

覚醒可能ネクストスター栗原

選手名 球団 覚醒STS ポジション コスト 弾道 ミート パワー 走力 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
栗原 陵矢 ソフトバンク A 捕C 一E 18 中弾道 45E 53D 56D 36F 61C 68C チャンス
S 捕C 一E 24 中弾道 55D 63C 66C 39F 64C 71B チャンス
広角打法
捕手

【寸評】ソフトバンクには正捕手として甲斐選手がいるので、ソフトバンクSランク登場はなかなか厳しいかも。

万波 中正:日ハム

覚醒可能ネクストスター万波

選手名 球団 覚醒STS ポジション コスト 弾道 ミート パワー 走力 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
万波 中正 日ハム A 右E 中E左E 18 ラインドライブ 41E 59D 57D 27F 35F 73B ラインドライブ
S 右D 中D左E 25 ラインドライブ 51D 69C 67C 30F 38F 76B ラインドライブ
選球眼
ローボールヒッター

【寸評】日ハム期待の若手として覚醒Sランク登場ですね。最年少ということで現状はイマイチですが将来に備えてキープはアリかも。

宗 佑磨:オリックス

覚醒可能ネクストスター宗

選手名 球団 覚醒STS ポジション コスト 弾道 ミート パワー 走力 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
宗 佑磨 オリックス A 中D 右E左E 18 ラインドライブ 46E 54D 66C 41E 49E 61C 走塁
S 中D 右D左D 25 ラインドライブ 56D 64C 76B 44E 52D 64C 走塁
チャンス
ラインドライブ

【寸評】ネクストスターで唯一、通常Sランク登場済みなのでオーダーにいれば限界突破要員として活かせますね。新たに通常Sランクで出る可能性もあるので純正狙いならゲットしておきたいところ。

山口 航輝:ロッテ

覚醒可能ネクストスター山口

選手名 球団 覚醒STS ポジション コスト 弾道 ミート パワー 走力 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
山口 航輝 ロッテ A 左E 中E右E 18 高弾道 45E 55D 54D 37F 39F 37F 広角打法
S 左E 中E右E 25 高弾道 55D 65C 64C 40E 42E 40E 広角打法
チャンス
逆境

【寸評】高卒ルーキーの外野手としては特殊能力の攻撃力がなかなか。

太田 光:楽天

覚醒可能ネクストスター太田

選手名 球団 覚醒STS ポジション コスト 弾道 ミート パワー 走力 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
太田 光 楽天 A 捕D 18 ラインドライブ 42E 46E 58D 56D 51D 65C 流し打ち
S 捕D 24 ラインドライブ 52D 56D 68C 59D 54D 68C 流し打ち
捕手
走塁

【寸評】大卒一年目のルーキですが1軍でも活躍中でSランク可能性がありそうです。

坂倉 将吾:広島

覚醒可能ネクストスター板倉

選手名 球団 覚醒STS ポジション コスト 弾道 ミート パワー 走力 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
坂倉 将吾 広島 A 左D 捕D 18 中弾道 49E 47E 64C 40E 46E 66C 粘り打ち
S 左D 捕D 25 中弾道 59D 57D 74B 43E 49E 69C 粘り打ち
代打
走塁

【寸評】本来は捕手候補ですが、広島は正捕手に會澤、中村選手がいるので野手として登場といったところでしょうか。将来的には打撃能力が上がりそうです。

中山 翔太:ヤクルト

覚醒可能ネクストスター中山

選手名 球団 覚醒STS ポジション コスト 弾道 ミート パワー 走力 捕球 スローイング 肩力 特殊能力 選手傾向
中山 翔太 ヤクルト A 右D 左D一E 18 高弾道 53D 60C 55D 27F 38F 61C チャンスメーカー
S 右D 左D一E 25 高弾道 63C 70B 65C 30F 41E 64C チャンスメーカー
固め打ち
初球
慎重守備
積極走塁

【寸評】ミート・パワーはネクストスターでベストといえますね。

山下 航汰:巨人

選手名 球団 覚醒STS ポジション コスト 弾道 ミート パワー 走力 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
山下 航汰 巨人 A 左D 一E 18 中弾道 49E 54D 53D 22F 35F 39F 固め打ち
S 左D 一E 25 中弾道 59D 64C 63C 25F 38F 42E 固め打ち
初球
満塁男

【寸評】現状の能力値はイマイチですが、今後一気に高まる可能性がありそうです。

細川 成也:DeNA

覚醒可能ネクストスター細川

選手名 球団 覚醒STS ポジション コスト 弾道 ミート パワー 走力 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
細川 成也 DeNA A 右D 中E左E 18 高弾道 44E 60C 59D 31F 37F 66C チャンス
S 右D 中E左E 25 高弾道 54D 70B 69C 34F 40E 69C チャンス
選球眼
逆境

【寸評】すでにパワー70Bと、今後はパワーAの可能性も見えるルーキーですね。

石垣 雅海:中日

覚醒可能ネクストスター石垣

選手名 球団 覚醒STS ポジション コスト 弾道 ミート パワー 走力 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
石垣 雅海 中日 A 三E 一E遊E左E中E右E 18 高弾道 43E 53D 62C 31F 37F 60C プルヒッター
S 三D 一D遊D左E中E右E 25 高弾道 53D 63C 72B 34F 40E 63C プルヒッター
走塁
初球

【寸評】ポジション適性の広さが際立ちますね。まだまだ成長過程の選手なので今後に期待です。

島田 海吏:阪神

覚醒可能ネクストスター島田

選手名 球団 覚醒STS ポジション コスト 弾道 ミート パワー 走力 捕球 スローイング 肩力 特殊能力 選手傾向
島田 海吏 阪神 A 中D 右D左D 18 低弾道 45E 45E 72B 49E 50D 66C
S 中C 右C左D 24 低弾道 55D 55D 82A 52D 53D 69C 走塁
盗塁
サヨナラ男
積極守備
積極走塁

【寸評】ネクストスター唯一の能力値A持ち、しかもミートパワー同値です。特殊能力を見ても代走要員がピッタリといえそうです。

覚醒可能・ネクストスター当たりランキング

今回の覚醒可能選手である「ネクストスター」は、まだまだ評価が固まっていない感じなので、今後どんどん変化しそうです。

通常Sランクも出ていない現時点で、当たりとかランキングというのもどうかなと思いますが、あえて個人的主観的にランキングにしてみました。

とくに今回は「走力」にフォーカスしてみました。

島田 海吏:阪神

覚醒可能ネクストスターでは「走力」主体の選手がメインとなっています。

その中でも走力Aを持ち、特殊能力も「走塁」「盗塁」持ちと、オーダーには入れなくとも代走などで使うと楽しいプロスピAになりそうです。

パワーA狙いでガンガン打ちまくるプロスピAもいいですが、ミートと走塁でつないでいくプロスピAも、また楽しいのではないでしょうか。

石垣 雅海:中日

走力もさることながらポジション適性の多さで幅広く使えそうな選手です。

覚醒Sランクは、通常Sランク・スペシャルSランクが出た時の限界突破要員と見るのがセオリー。

サブポジが多い石垣選手はいかに限界突破可能にしておくかがポイントですね。

鈴木 将平:西武

こちらも走者として使うのがバッチリな選手といえそうです。

低弾道でミート・パワーも低いのですが、外野ポジションが全てカバーできるのでSランク不足でポジション埋められない時は重宝しそうです。

個人的ランキング

  1. 島田 海吏:阪神
  2. 石垣 雅海:中日
  3. 鈴木 将平:西武
  4. 宗 佑磨:オリックス
  5. 万波 中正:日ハム
  6. 中山 翔太:ヤクルト
  7. 山口 航輝:ロッテ
  8. 細川 成也:DeNA
  9. 山下 航汰:巨人
  10. 坂倉 将吾:広島
  11. 栗原 陵矢:ソフトバンク
  12. 太田 光:楽天
スポンサーリンク

ネクストスター入手方法:プロスピタワー

無課金でも十分達成可能な累計報酬でネクストスターが入手できます。

「覚醒魂」も報酬にあるので「覚醒」未経験者はチャレンジしてみるのがおすすめですね。

⇒プロスピタワーへの挑戦攻略はコチラ

【まとめ】ネクストスター評価と当たりランキング

2019シリーズ2登場と同時に、シリーズ2の覚醒可能選手「ネクストスター」も登場して来ました。

覚醒可能選手はイベントでしか入手できませんが、だれでも達成可能な累計報酬なので、この機会にぜひ覚醒選手をゲット、覚醒にチャレンジしてみてくださいね。

⇒2019覚醒可能選手一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です