プロスピA-2022シリーズ2先発3回目・待望のエース登場!

2022シリーズ2Sランク先発一覧

<本ページはプロモーションが含まれています>

プロスピA・2022シリーズ2のSランク先発の能力値一覧と欲しいランキングまとめです。

シリーズ2待望のエース登場となりました。

ですが、タイミング的にダルビッシュセレクションやベストナインも控えているので狙いどころに悩みます。

そこで能力値と欲しいランキングを参考に引くべきか?誰を狙うべきか?育成すべきか?

シリーズ1先発も比較に掲載です。

当然、無課金勢は通常Sランクガチャはスルーでエナジー稼ぎにまい進しましょう。

 目次

2022シリーズ2先発3回目エース入手方法

シリーズ2先発3回目評価一覧

2022シリーズ2先発エース

2022シリーズ2先発エースの能力値一覧です。

個人的寸評もご参考に。

小川 泰弘:ヤクルト

2022先発エース小川

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 148km/h
サークルチェンジ D 128km/h
フォーク C 133km/h
ナックルカーブ D 125km/h
カットボール C 139km/h
ツーシームファスト D 144km/h
スライダー C 129km/h
33 75B 83A 81A 40E 47E 67C 対ピンチ◎
コントロール・改
球持ち

【個人的寸評】

球威+1で登場。

球種ではツーシームとナックルカーブがそれぞれEからDにアップしています。

援護がコントロール改になったのは良さそうです。

★4称号永久機関で制球スタミナ同値が狙えます。

西 勇輝:阪神

2022先発エース西

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート D 146km/h
高速シュート C 144km/h
サークルチェンジ B 126km/h
縦スライダー D 127km/h
カーブ C 115km/h
高速スライダー B 134km/h
スローカーブ F 99km/h
カットボール D 137km/h
33 76B 82A 80A 71B 63C 64C コントロール◎
援護・改
要所○

【個人的寸評】

制球+2で登場。

デフォルトでの制球スタミナ同値はくずれてしまいました。

対ピンチが要所〇になったのはマイナスでしょう。

★4称号永久機関で制球スタミナ同値が狙えます。

菅野 智之:巨人

2022先発エース菅野

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 153km/h
シュート F 148km/h
縦スライダー C 133km/h
ナックルカーブ C 129km/h
スライダー B 134km/h
ワンシーム D 149km/h
フォーク B 137km/h
スローカーブ D 104km/h
カットボール D 144km/h
33 79B 82A 82A 52D 50D 73B キレ◎
コントロール・改
対ピンチ

【個人的寸評】

球威-1で登場。

球種では縦スライダーBがCとダウンです。

★3称号うなる剛腕で全A同値が狙えるのは大きい。

床田 寛樹:広島

2022先発エース床田

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継D抑F ストレート C 151km/h
高速スライダー B 138km/h
スローカーブ D 103km/h
縦スライダー C 131km/h
高速スクリュー B 139km/h
シンキングファスト C 147km/h
パーム C 130km/h
サークルチェンジ E 130km/h
33 78B 76B 78B 62C 53D 70B キレ◎
対ピンチ・改
コントロール

【個人的寸評】

球威+2、制球+1、スタミナ+1とアップです。

球種もシンキングファストが追加となっています。

★2称号圧倒的な制球で全同値がねらえます。

柳 裕也:中日

2022先発エース柳

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート D 148km/h
高速シュート F 146km/h
チェンジアップ A 136km/h
縦スライダー B 128km/h
Dカーブ C 116km/h
カットボール B 139km/h
シンカー E 124km/h
スローカーブ E 101km/h
33 81A 81A 82A 56D 62C 67C 奪三振◎
コントロール・改
対ピンチ

【個人的寸評】

球威-1で登場。

デフォルトでの球威スタミナ同値はなくなりましたが、★2称号好敵手で全A同値が狙えます。

チェンジアップBがAに、カットボールAがBになってスローカーブが追加されています。

今永 昇太:DeNA

2022先発エース今永

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート B 151km/h
高速スライダー C 138km/h
スローカーブ C 103km/h
チェンジアップ B 130km/h
カットボール C 142km/h
スプリットチェンジ D 136km/h
33 79B 79B 78B 46E 56D 69C ノビ◎
奪三振・改
キレ

【個人的寸評】

球威+1、制球+3となりデフォルトで球威制球同値となってきました。

★2称号好敵手で球威制球A同値もねらえます。

球種ではスローカーブDがCと少しアップです。

山本 由伸:オリックス

2022先発エース山本

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート B 157km/h
高速シュート D 155km/h
SFF A 145km/h
Dカーブ A 123km/h
カットボール C 147km/h
ツーシームファスト D 152km/h
フォーク B 141km/h
スローカーブ F 107km/h
高速スライダー C 144km/h
33 84A 80A 84A 50D 57D 77B 奪三振◎
キレ・改
対強打者

【個人的寸評】

能力値、特殊能力変わらずで登場。

デフォルトで球威スタミナ同値となっています。

球種ではカットボールBがCに、ツーシームファストEがD、高速スライダーBがCとややダウン気味でしょうか。

ベストナインで登場予定です。

佐々木 朗希:ロッテ

2022先発エース佐々木

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート B 164km/h
サークルチェンジ E 141km/h
SFF S 151km/h
カーブ E 129km/h
高速スライダー B 150km/h
フォーク A 142km/h
33 81A 76B 72B 45E 43E 80A 超豪速球
奪三振・改
キレ

【個人的寸評】

球威+3、制球+4、スタミナ+3で登場。

球種もストレートCがB、SFFはBからSにとアップした上にフォークAが追加となりました。

これは大きいですね。

則本 昂大:楽天

2022先発エース則本

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 154km/h
サークルチェンジ D 133km/h
SFF A 142km/h
ナックルカーブ D 130km/h
スライダー B 134km/h
縦スライダー D 134km/h
スローカーブ F 105km/h
カットボール D 145km/h
33 80A 77B 81A 44E 58D 77B 奪三振◎
キレ・改
尻上がり

【個人的寸評】

球威、制球-1となりました。

球種ではチェンジアップDがSFF Aに、縦スライダーはAからDになりサークルチェンジが追加となっています。

★1称号球威自慢で球威スタミナ同値が、★3称号精密機械で能力値オールAがねらえます。

東浜 巨:ソフトバンク

2022先発エース東浜

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 153km/h
超高速シンカー B 146km/h
チェンジアップ F 132km/h
カーブ D 120km/h
カットボール B 144km/h
ナックルカーブ F 129km/h
スライダー D 134km/h
33 77B 77B 77B 51D 59D 70B ノビ◎
対ピンチ・改
尻上がり

【個人的寸評】

制球+1となってデフォルトで全同値となったのはコンボ的に最強です。

球種ではシンカーC、カットーボールCがそれぞれBにアップです。

さらにシンカーは超高速シンカーになっています。

加藤 貴之:日ハム

2022先発エース加藤

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継B抑G ストレート C 144km/h
スライダー C 126km/h
スローカーブ C 98km/h
フォーク B 129km/h
サークルチェンジ E 124km/h
ツーシームファスト E 140km/h
高速スライダー D 132km/h
33 75B 86A 77B 40E 41E 61C コントロール◎
キレ・改
球持ち

【個人的寸評】

球威+1、制球+5、スタミナ+2となってきました。

球種もスライダーとスローカーブがDからCにアップです。

特殊能力も援護◎がコントロール◎、安定感がキレ改と強化されています。

中継も使えるのも大きい。

髙橋 光成:西武

2022先発エース高橋

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 154km/h
縦スライダー B 134km/h
カーブ D 121km/h
カットボール C 145km/h
SFF C 142km/h
スライダー D 134km/h
32 76B 72B 80A 42E 44E 74B 対ピンチ◎
キレ・改
尻上がり

【個人的寸評】

制球+6となってきました。

球種はストレートDがC、SFFがBからC、カーブEがDとなっています。

特殊能力対ピンチが対ピンチ◎になったのは大きそうです。

2022シリーズ2先発3回目ランキング

2022先発エースランキング

欲しい先発エースは限界突破要員としての手持ちの選手でかなり変わって来そうです。

ここではシンプルに能力値や球種、特殊能力から欲しい先発エースをランキングにしてみましょう。

欲しいTOP3

まずは先発エースの中でも特に欲しいトップ3選手をピックアップです。

山本 由伸:オリックス

能力値、球種ともにダントツといってよいでしょう。

ベストナインでも登場予定なのでここではスルーですね。

菅野 智之:巨人

ややダウン気味ですが、それでも高い能力値を誇ります。

オールA同値が狙えるのはやはり大きい。

柳 裕也:中日

★2称号でオールA同値が狙えるのは大きい。

特殊能力も良い感じです。

欲しいランキング

  1. 山本 由伸:オリックス
  2. 菅野 智之:巨人
  3. 柳 裕也:中日
  4. 則本 昂大:楽天
  5. 小川 泰弘:ヤクルト
  6. 西 勇輝:阪神
  7. 加藤 貴之:日ハム
  8. 今永 昇太:DeNA
  9. 東浜 巨:ソフトバンク
  10. 佐々木 朗希:ロッテ
  11. 床田 寛樹:広島
  12. 髙橋 光成:西武

【まとめ】2022シリーズ2先発3回目

2022シリーズ2待望のエース登場です。

でも無課金はドラフトスカウトはスルーがおススメ。

通常Sランクはイベント報酬でゲット、エナジーはこれから登場するダルビッシュセレクションやベストナインで使いましょう。

それまではエナジー稼ぎに集中するのがおススメです。

エナジーの貯め方裏技を一挙公開!エナジー不足解消

Vロードにイベント報酬…

エナジーの貯め方は判ったけど、その時間が無いんだよね。

手っ取り早くガチャのエナジーが欲しい!!!

って思ったことないですか?

そこでSランクがんがん持ってる友人にいくら課金したか聞いた答えがコレ!

「ポチるだけでエナジーゲットできる裏技使えば?」

自分だけトクするんじゃアレなんで、いつも読んでくれているお礼に紹介しちゃいます!

 

2022シリーズ2先発2回目入手方法

超自チームS狙い打ちスカウト

  • 2022シリーズ2先発2回目登場日:10月11日
  • 登場ガチャ:超自チームS狙い打ち
  • ガチャ期間:10月11日~10月17日14:59
  • 新選手報酬イベント:なし

先発2回目能力値と個人的寸評

2022シリーズ2先発2回目リスト

シリーズ2先発2回目はエース格も登場です。

まずは能力値と球種、特殊能力を確認です。

高橋 奎二:ヤクルト

2022Sランク先発髙橋

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継E抑G ストレート A 154km/h
スライダー B 134km/h
スローカーブ E 105km/h
サークルチェンジ D 133km/h
カットボール E 145km/h
32 79B 69C 75B 36F 51D 73B 奪三振◎
ノビ・改
キレ

【個人的寸評】

球威+1で登場。

ストレートBがA、スライダーCがBとアップしてきました。

特殊能力荒れ球がキレになってますね。

青柳 晃洋:阪神

2022Sランク先発青柳

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ツーシームファスト B 144km/h
高速シンカー C 136km/h
チェンジアップ E 128km/h
スライダー B 129km/h
ストレート C 148km/h
カットボール E 139km/h
33 80A 80A 80A 46E 43E 67C キレ◎
対ピンチ・改
コントロール

【個人的寸評】

球威+1、制球+4で登場。

なあんとオールA全同値となっています。

これはコンボ的には最高ですね。

特殊能力もまあまあイイ感じです。

これは欲しい。

メルセデス:巨人

2022Sランク先発メルセデス

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 152km/h
スライダー C 133km/h
カーブ C 119km/h
サークルチェンジ B 131km/h
ツーシームファスト D 148km/h
32 75B 74B 76B 38F 50D 71B コントロール◎
対ピンチ・改
打たれ強さ

【個人的寸評】

球威-1、制球-1で登場。

特殊能力的にも悪くない感じ。

★3称号技巧派で全同値が狙えるのはイイですね。

大瀬良 大地:広島

2022Sランク先発大瀬良

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート D 152km/h
ツーシームファスト E 147km/h
縦カット B 146km/h
カーブ D 119km/h
カットボール B 143km/h
SFF E 140km/h
スライダー C 133km/h
33 76B 81A 80A 71B 78B 71B コントロール◎
キレ・改
打たれ強さ

【個人的寸評】

球威-1、制球+1で登場。

デフォルトで制球・スタミナ同値は崩れてしまいましたが称号で制球スタミナ同値は狙えます。

特殊能力対ピンチがコントロール◎になってきました。

大野 雄大:中日

2022Sランク先発大野

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート A 152km/h
高速スライダー C 139km/h
フォーク B 137km/h
ツーシームファスト B 148km/h
チェンジアップ E 131km/h
33 80A 83A 83A 40E 54D 71B キレ◎
ノビ・改
尻上がり

【個人的寸評】

球威-1、制球-1で登場。

デフォルトで制球スタミナA同値ですが★3称号うなる剛腕でA全同値が狙えます。

これはオーダーに欲しいところです。

大貫 晋一:DeNA

2022Sランク先発大貫

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 149km/h
ツーシームファスト D 142km/h
SFF B 137km/h
Dカーブ C 117km/h
スライダー B 130km/h
カットボール E 140km/h
32 76B 76B 71B 42E 53D 68C 対ピンチ◎
キレ・改
安定感

【個人的寸評】

球威+2、制球+1で登場。

デフォルトで球威制球同値になってきました。

球種的にはSFFが゙C→B、スライダーC→Bになっています。

山岡 泰輔:オリックス

2022Sランク先発山岡

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート D 150km/h
シンキングファスト F 146km/h
サークルチェンジ C 129km/h
縦スライダー A 131km/h
スラーブ C 132km/h
カットボール C 141km/h
超高速シンカー F 143km/h
縦カット D 144km/h
ナックルカーブ F 127km/h
33 79B 78B 77B 63C 60C 71B キレ◎
奪三振・改
尻上がり

【個人的寸評】

球威+1、制球+3で登場。

球種的にはサークルチェンジBがCにダウンですが縦スライダーがBからAにアップしてきました。

★1称号制球自慢で球威制球同値が狙えます。

石川 歩:ロッテ

2022Sランク先発石川

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート E 150km/h
高速シュート E 148km/h
シンカー B 126km/h
スローカーブ D 102km/h
カットボール C 141km/h
高速シンカー C 138km/h
33 76B 83A 76B 61C 60C 69C コントロール◎
キレ・改
対ピンチ

【個人的寸評】

球威-1、制球+1で登場。

ほかは変わらずとなっています。

岸 孝之:楽天

2022Sランク先発岸

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート B 147km/h
チェンジアップ C 127km/h
カーブ B 115km/h
スライダー D 128km/h
33 77B 81A 77B 68C 61C 67C コントロール◎
ノビ・改
球持ち

【個人的寸評】

球威+1、制球+1で登場。

第1第2特殊能力が入れ替わってきました。

★2称号全力投球で球威制球A同値が狙えます。

千賀 滉大:ソフトバンク

2022Sランク先発千賀

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 162km/h
スプリーム E 149km/h
フォーク S 146km/h
スラーブ C 142km/h
カットボール B 152km/h
ツーシームファスト D 157km/h
縦スライダー D 141km/h
カーブ F 127km/h
スロースライダー D 134km/h
33 83A 70B 81A 52D 44E 82A 奪三振◎
ノビ・改
対ピンチ

【個人的寸評】

球威+2で登場。

デフォルトでの球威スタミナ同値は崩れてしまいました。

称号で同値も狙えないんですね。

上沢 直之:日ハム

2022Sランク先発上沢

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート B 152km/h
サークルチェンジ D 131km/h
フォーク C 140km/h
ナックルカーブ C 128km/h
スライダー C 133km/h
ツーシームファスト E 148km/h
カーブ E 119km/h
カットボール C 143km/h
32 78B 72B 78B 67C 54D 70B キレ◎
奪三振・改
尻上がり

【個人的寸評】

制球-1で登場。

デフォルトで球威スタミナ同値となっています。

特殊能力的には対ランナーが尻上がりになっています。

エンス:西武

2022Sランク先発エンス

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継S抑G ストレート B 152km/h
カットボール D 143km/h
Dカーブ D 119km/h
サークルチェンジ D 131km/h
32 76B 67C 70B 45E 52D 76B 対右打者◎
ノビ・改
援護

【個人的寸評】

制球-1で登場。

球種的には高速スライダーBがカットボールDとダウンです。

限界突破なしで中継ぎも使えるのは大きい。

2022シリーズ2先発2回目ランキング

2022Sランク先発ランキング

先発2回目はエース級の選手がかなり登場してきました。

結果的に、誰を狙うか悩むところです。

手持ちのSランク、Aランク選手やリーグかリアタイかなどでも欲しいSランクは変わって来ますからね。

ここではなるべくシンプルに能力値や球種などから欲しいランキングとしてみました。

欲しいTOP3

まずは特に欲しいトップ3選手です。

大野 雄大:中日

デフォルトでも制球・スタミナA同値ですが、称号でA全同値が狙えるのが大きいところ。

能力値的にも文句なし。

球種も良い感じです。

青柳 晃洋:阪神

なんとデフォルトでオールA全同値となっています。

B球種が2つと少なめですが十分強力ですね。

千賀 滉大:ソフトバンク

称号で同値が狙えなくなったのは残念な所。

それでも球種・能力値ともに強力です。

欲しいランキング

  1. 大野 雄大:中日
  2. 青柳 晃洋:阪神
  3. 千賀 滉大:ソフトバンク
  4. 大瀬良 大地:広島
  5. 石川 歩:ロッテ
  6. 岸 孝之:楽天
  7. 山岡 泰輔:オリックス
  8. 上沢 直之:日ハム
  9. 大貫 晋一:DeNA
  10. メルセデス:巨人
  11. 高橋 奎二:ヤクルト
  12. エンス:西武

【まとめ】2022シリーズ2先発2回目

シリーズ2先発2回目は能力値高いし球種もイイ感じの選手が多く悩むところ。

ただ、個人的にはここはやはりエナジーしっかり稼いでアニバーサリーに備えたいところです。

2022シリーズ2先発1回目入手方法

おすすめガチャ

  • シリーズ2先発1回目登場日:2022年9月13日
  • 登場ガチャ:グレードアップスカウト
  • ガチャ期間:9月13日~9月16日 14:59
  • 新選手報酬イベント:なし

シリーズ2先発1回目能力値一覧

2022シリーズ2先発Sランク一覧

まずは2022シリーズ1先発1回目の能力値ほかを確認です。

シリーズ1と比較してみるのがイイですね。

サイスニード:ヤクルト

2022シリーズ2Sランク先発サイスニード

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継C抑G カットボール B 153km/h
チェンジアップ E 132km/h
ナックルカーブ D 129km/h
スライダー C 134km/h
フォーク E 137km/h
カットボール E 144km/h
32 74B 71B 71B 48E 53D 73B ノビ◎
キレ・改
援護

【個人的寸評】

球威-1、制球+6で登場。

球種的にはフォークが追加になったのはウレシイ。

★3称号精密機械で球威・制球同値が狙えます。

ウィルカーソン:阪神

2022シリーズ2Sランク先発ウィルカーソン

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 150km/h
チェンジアップ B 129km/h
Dカーブ C 118km/h
カットボール C 141km/h
32 75B 72B 72B 51D 54D 69C ノビ◎
奪三振・改
打たれ強さ

【個人的寸評】

球威+1、制球-1で登場。

球種ではサークルチェンジEがチェンジアップBになってきました。

★3称号精密機械で球威・制球同値が狙えます。

戸郷 翔征:巨人

2022シリーズ2Sランク先発戸郷

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継F抑G ストレート B 154km/h
フォーク A 138km/h
Dカーブ D 121km/h
カットボール C 145km/h
ツーシームファスト E 150km/h
縦スライダー B 134km/h
32 76B 69C 77B 41E 43E 74B キレ◎
援護・改
奪三振

【個人的寸評】

制球*5で登場。

球種ではストレートCがB、縦スライダーDがBと強化されてきました。

★1称号球威自慢で球威・スタミナ同値が狙えます。

森下 暢仁:広島

2022シリーズ2Sランク先発森下

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート B 155km/h
スプリット F 148km/h
チェンジアップ C 134km/h
Dカーブ B 122km/h
カットボール B 146km/h
縦スライダー E 135km/h
33 80A 75B 83A 52D 64C 75B キレ◎
援護・改
対ピンチ

【個人的寸評】

球威-1、制球+1で登場。

B球種が3つあるのはなかなかです。

エキサイティングで登場しているので能力値的にはそちらですがスピリッツ+100をどうみるか。

★3称号うなる剛腕で球威・スタミナ同値が狙えます。

小笠原 慎之介:中日

2022シリーズ2Sランク先発小笠原

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 150km/h
スラーブ D 132km/h
サークルチェンジ A 129km/h
ツーシームファスト F 146km/h
Dカーブ C 118km/h
32 74B 69C 74B 35F 40E 69C 対ピンチ◎
安定感・改
キレ

【個人的寸評】

球威-1で登場。

デフォルトで球威・スタミナ同値となってきました。

第1特殊能力が対ピンチ◎になりました。

東 克樹:DeNA

2022シリーズ2Sランク先発東

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート B 148km/h
スライダー D 129km/h
カーブ E 116km/h
チェンジアップ C 128km/h
スローサークルチェンジ E 116km/h
ツーシームファスト E 144km/h
カットボール C 139km/h
縦スライダー E 128km/h
32 73B 77B 73B 40E 48E 67C コントロール◎
キレ・改
安定感

【個人的寸評】

2019以来3年ぶりの登場。

球威-8、制球+1、スタミナ-2とダウン気味です。

球種が2つ増えましたがチェンジアップAがCとB球種以上が減ってしまいました。

★2称号全力投球で球威・制球同値が狙えます。

宮城 大弥:オリックス

2022シリーズ2Sランク先発宮城

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート D 152km/h
スライダー C 133km/h
カーブ B 119km/h
SFF D 140km/h
サークルチェンジ B 131km/h
高速スライダー C 139km/h
スローカーブ B 104km/h
33 78B 77B 74B 42E 63C 70B キレ◎
奪三振・改
対ランナー

【個人的寸評】

球威-2、制球+1で登場。

サークルチェンジとカーブがB球種と、B球種が3つとなったのはイイですね。

★1称号制球自慢で球威・制球同値が狙えます。

小島 和哉:ロッテ

2022シリーズ2Sランク先発小島

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 148km/h
カットボール B 139km/h
スラーブ D 130km/h
フォーク C 133km/h
サークルチェンジ B 128km/h
ツーシームファスト F 144km/h
カーブ E 116km/h
32 75B 70B 74B 44E 43E 67C キレ◎
対ピンチ・改
球持ち

【個人的寸評】

球威-1、制球+2で登場。

カットボールがBになっています。

特殊能力に対ピンチが追加になりました。

★2称号粘りの投球で球威・スタミナ同値が狙えます。

田中 将大:楽天

2022シリーズ2Sランク先発田中

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 154km/h
サークルチェンジ D 133km/h
SFF B 142km/h
高速スライダー A 141km/h
カットボール C 145km/h
ツーシームファスト D 150km/h
カーブ D 121km/h
スライダー D 134km/h
33 81A 82A 83A 58D 58D 74B キレ◎
コントロール・改
対ピンチ

【個人的寸評】

球威-1で登場。

相変わらず強力な能力値ですね。

★3称号本格派でA全同値が狙えるのは大きい。

大関 友久:ソフトバンク

2022シリーズ2Sランク先発大関

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継S抑G ストレート C 151km/h
スライダー D 132km/h
カーブ E 119km/h
フォーク C 136km/h
サークルチェンジ D 130km/h
シンキングファスト E 147km/h
31 75B 65C 64C 41E 43E 69C キレ◎
援護・改
打たれ強さ

【個人的寸評】

通常Sランクは初登場。

シリーズ1では覚醒・期待の若手で登場しています。

その際から球威+3、制球+5となっています。

球種も4から6に増え、また限界突破なしで中継ぎも使えるのはウレシイところ。

伊藤 大海:日ハム

2022シリーズ2Sランク先発伊藤

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 153km/h
サークルチェンジ D 132km/h
縦スライダー B 133km/h
スローカーブ D 104km/h
スライダー B 134km/h
スプリットチェンジ E 146km/h
フォーク D 137km/h
ナックルカーブ D 129km/h
カットボール D 144km/h
32 77B 68C 75B 58D 51D 73B 奪三振◎
キレ・改
援護

【個人的寸評】

球威-1で登場。

9球種と多い上にB球種も2つあります。

ただストレートBがCになったのは残念。

隅田 知一郎:西武

2022シリーズ2Sランク先発隅田

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継D抑G ストレート D 150km/h
カットボール D 141km/h
スラーブ C 132km/h
SFF C 138km/h
スローサークルチェンジ B 118km/h
ツーシームファスト E 146km/h
Dカーブ D 118km/h
31 73B 63C 70B 45E 51D 69C 奪三振◎
安定感・改
キレ

【個人的寸評】

通常Sランク初登場。

シリーズ1では覚醒・ドラ一ルーキーで登場しています。

その時から球威+2、制球+3となっています。

★3称号鉄腕で球威・スタミナ同値が狙えます。

シリーズ2先発1回目欲しいランキング

2022シリーズ2先発ランキング

シリーズ2はスピリッツ4100となると、なるはやでオーダーに欲しいところです。

とくにリーグオーダーではスピリッツが重要です。

とはいうものの、欲しい先発は継承の可否や手持ちの選手で大きく異なってきます。

ここではなるべくシンプルに、能力値メインで見ていこうと思います。

欲しいTOP3

まずは個人的に欲しいトップ3選手から。

田中 将大:楽天

ここは外せない所でしょう。

とはいうものの、アニバーサリーでも登場するので悩むところです。

なる早でオーダー強化したいならここでゲット、全同値狙いもありですね。

焦らずいくならアニバーサリーでしょう。

森下 暢仁:広島

球威・スタミナA同値が狙えるのは大きい。

B球種も3つあるしシリーズ2オーダーでは欲しいところ。

宮城 大弥:オリックス

球威Aも球威・制球同値も狙えるのはコンボ的に大きいですね。

B球種も3つあるしオーダーに欲しいところです。

個人的欲しいランキング

  1. 田中 将大:楽天
  2. 森下 暢仁:広島
  3. 宮城 大弥:オリックス
  4. 東 克樹:DeNA
  5. 伊藤 大海:日ハム
  6. 小島 和哉:ロッテ
  7. 戸郷 翔征:巨人
  8. ウィルカーソン:阪神
  9. 小笠原 慎之介:中日
  10. サイスニード:ヤクルト
  11. 大関 友久:ソフトバンク
  12. 隅田 知一郎:西武

【まとめ】2022シリーズ2先発1回目

2022シリーズ2のスピリッツは4100!

プロスピAはゲーム名の通りスピリッツが重要です。

ここはシリーズ2のSランクはなる早で欲しいところです。

2022シリーズ1先発5回目入手方法

おすすめガチャ

無課金初心者は当然スルー。

シリーズ2、アニバーサリーに向けてエナジー稼いでおきましょう。

2022シリーズ1先発5回目能力値一覧

2022シリーズ1先発5回目

まずは先発5回目登場選手の能力値を確認してみましょう。

高橋 奎二:ヤクルト

2022シリーズ1先発高橋

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継E抑G ストレート B 153km/h
スライダー C 134km/h
スローカーブ D 104km/h
サークルチェンジ D 132km/h
カットボール F 144km/h
32 78B 69C 75B 36F 51D 73B 奪三振◎
ノビ
荒れ球

【個人的寸評】

球威+1。制球ー1で登場

★3称号鉄腕で球威・スタミナ同値が狙えます。

特殊能力”援護”が”荒れ球”になってきました。

ガンケル:阪神

2022シリーズ1先発ガンケル

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継C抑G ストレート C 151km/h
シンキングファスト C 147km/h
SFF C 139km/h
スライダー C 132km/h
カットボール C 142km/h
32 77B 79B 74B 46E 58D 70B キレ◎
コントロール
対ピンチ

【個人的寸評】

球威-1、制球+1で登場。

★4称号火の玉ボールで球威・制球A同値が狙えます。

特殊能力が”援護”から”対ピンチ”になったのもイイですね。

シューメーカー:巨人

2022シリーズ1先発シューメーカー

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート E 152km/h
サークルチェンジ E 131km/h
SFF A 140km/h
ナックルカーブ E 133km/h
スライダー D 133km/h
ツーシームファスト E 148km/h
32 75B 76B 72B 40E 58D 71B キレ◎
コントロール
打たれ強さ

【個人的寸評】

Sランク初登場。

★1称号球威自慢で球威・制球同値が狙えます。

SFF Aにツーシームと球種的にも良さそうです。

遠藤 淳志:広島

2022シリーズ1先発遠藤

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継S抑G ストレート C 149km/h
チェンジアップ B 128km/h
Dカーブ C 117km/h
スライダー D 130km/h
32 75B 76B 73B 31F 56D 68C 対ピンチ◎
奪三振
球持ち

【個人的寸評】

Sランク初登場。

★1称号球威自慢で球威・制球同値が狙えます。

限界突破なしで中継ぎも使えるのはイイですね。

髙橋 宏斗:中日

2022シリーズ1先発髙橋

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継D抑G ストレート D 154km/h
ツーシームファスト F 150km/h
縦スライダー F 134km/h
カーブ F 121km/h
カットボール C 145km/h
フォーク F 138km/h
31 76B 67C 72B 42E 45E 74B 奪三振◎
キレ
対ランナー

【個人的寸評】

通常Sランク初登場。

2021覚醒から球威+8、制球+10、スタミナ+4となってきました。

アニバーサリーでも登場予定なので限界突破要員としてAランクは欲しいかも。

京山 将弥:DeNA

2022シリーズ1先発京山

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継D抑G ストレート C 154km/h
サークルチェンジ C 133km/h
SFF C 142km/h
カーブ E 121km/h
カットボール D 145km/h
ツーシームファスト F 150km/h
スライダー D 134km/h
30 72B 57D 69C 35F 51D 74B ノビ◎
対ランナー
対左打者

【個人的寸評】

球威-1、スタミナ+1で登場。

球威はマイナスですが球種的には使い勝手良さそうです。

山﨑 福也:オリックス

2022シリーズ1先発山﨑

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継B抑G ストレート C 148km/h
カットボール D 139km/h
ナックルカーブ C 125km/h
チェンジアップ B 128km/h
ツーシームファスト E 144km/h
スライダー D 129km/h
スローカーブ D 101km/h
フォーク F 127km/h
32 75B 76B 75B 72B 51D 67C キレ◎
対ピンチ
安定感

【個人的寸評】

制球-1、スタミナ+2で登場。

★2称号攻めの投球術で全同値が狙えます。

限界突破なしで中継ぎも使える上に、球種的にもなかなか強そうです。

美馬 学:ロッテ

2022シリーズ1先発美馬

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート D 150km/h
高速シュート E 148km/h
サークルチェンジ D 129km/h
フォーク B 138km/h
スラーブ C 132km/h
カットボール E 141km/h
スライダー E 131km/h
32 75B 78B 76B 52D 60C 69C コントロール◎
安定感
キレ

【個人的寸評】

2021S1以来、1年ぶりの登場。

球威+2、制球-5、スタミナ+1で登場。

★3称号うなる剛腕で球威・制球同値が狙えます。

TSで楽天版持っていて限界突破要員欲しい方にもウレシイところ。

岸 孝之:楽天

2022シリーズ1先発岸

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート B 148km/h
チェンジアップ C 128km/h
カーブ B 116km/h
スライダー D 129km/h
32 76B 80A 77B 68C 61C 67C ノビ◎
コントロール
球持ち

【個人的寸評】

制球+1、スタミナ-1で登場。

★3称号鉄腕で制球・スタミナA同値が狙えます。

球威制球同値も狙えますがデフォルトで制球Aは崩したくない所。

東浜 巨:ソフトバンク

2022シリーズ1先発東浜

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 151km/h
高速シンカー C 139km/h
スローカーブ D 103km/h
スライダー D 132km/h
ナックルカーブ F 128km/h
カットボール C 142km/h
32 77B 76B 77B 51D 59D 70B ノビ◎
尻上がり
対ランナー

【個人的寸評】

球威+1、制球+6、スタミナ+2で登場。

デフォルトで球威・スタミナ同値となってきました。

また、★1称号丁寧な投球で全同値も狙えます。

リーグオーダー向けになった感じでしょうか。

ポンセ:日ハム

2022シリーズ1先発ポンセ

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継S抑G ストレート D 154km/h
ツーシームファスト E 152km/h
サークルチェンジ E 133km/h
縦スライダー D 134km/h
Dカーブ D 121km/h
カットボール C 145km/h
31 74B 74B 71B 43E 58D 74B ノビ◎
奪三振
対ランナー

【個人的寸評】

Sランク初登場。

デフォルトで球威・制球同値となっています。

また★3称号鉄腕で全同値も狙えるのがイイですね。

限界突破なしで中継ぎも使えるのは大きい。

與座 海人:西武

2022シリーズ1先発與座

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継S抑G ストレート C 134km/h
高速シンカー D 123km/h
チェンジアップ F 115km/h
スローカーブ E 91km/h
スライダー C 117km/h
32 73B 77B 73B 62C 53D 50D 対ピンチ◎
コントロール
球持ち

【個人的寸評】

制球+3、スタミナ+8で登場。

特殊能力”ノビ”が”コントロール”になったのはどう影響するでしょう。

2022シリーズ1先発5回目欲しいランキング

2022シリーズ1先発5回目ランキング

欲しいSランクはリーグオーダーかリアタイかで全然違ってきそうです。

また、純正か12球団でも違ってきますし現状のオーダーや手持ちの選手によっても変わって来ます。

ここではシンプルに能力値や球種などから個人的に欲しいランキングとしてみましょう。

欲しいTOP3

まずは個人的に欲しいトップ3選手から。

岸 孝之:楽天

やはりデフォルトで制球Aと、A能力値があるのは魅力です。

制球・スタミナA同値にしてオーダーに入れたいところ。

東浜 巨:ソフトバンク

デフォルトで球威・スタミナ同値がいいですね。

リーグオーダーメインに欲しいところ。

ガンケル:阪神

球威・制球A同値が狙えるのが大きい。

限界突破3回で中継ぎも使えるのはオーダーの幅が広がるので大きいですね。

個人的欲しいランキング

  1. 岸 孝之:楽天
  2. 東浜 巨:ソフトバンク
  3. ガンケル:阪神
  4. 美馬 学:ロッテ
  5. 高橋 奎二:ヤクルト
  6. 山﨑 福也:オリックス
  7. 遠藤 淳志:広島
  8. シューメーカー:巨人
  9. 與座 海人:西武
  10. ポンセ:日ハム
  11. 髙橋 宏斗:中日
  12. 京山 将弥:DeNA

【まとめ】2022シリーズ1先発5回目

先発5回目は通常Sランク初登場が多いので誰を狙うか悩むところ。

個人的に欲しいのはランキングの通りですが、通常Sランクはイベント報酬でゲット、エナジーはTSやアニバサリーガチャにキープ、稼いでおくのがおススメです。

2022シリーズ1先発4回目入手方法

おすすめガチャ

  • 2022シリーズ1先発4回目登場日:8月15日
  • 登場ガチャ:グレードアップスカウト
  • ガチャ期間:2022年8月15日~8月18日 14:59
  • 報酬イベント:なし

新Sランクがゲットできる報酬イベントはないので無課金勢はスルーがおススメですね。

2022シリーズ1先発4回目能力値一覧

2022先発一覧

TS第5・第6弾にワールドスター、そしてアニバーサリーが見えているこのタイミング。

能力値をしっかり確認、狙うべき先発を見据えていきましょう。

個人的寸評もご参考に。

高梨 裕稔:ヤクルト

2022Sランク先発高梨

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継D抑G ストレート C 150km/h
ツーシームファスト E 146km/h
フォーク B 135km/h
カーブ D 118km/h
カットボール E 141km/h
スライダー E 131km/h
31 74B 74B 71B 46E 42E 69C 対ピンチ◎
奪三振
ノビ

【個人的寸評】

2021S1以来、1年ぶりの登場。

球威-1、制球+5、スタミナ-2となっています。

★3称号鉄腕で全同値可能ですね。

球種的にはフォークFがフォークBと大幅アップとなっているのは大きい。

ウィルカーソン:阪神

2022Sランク先発ウィルカーソン

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 152km/h
サークルチェンジ E 131km/h
Dカーブ C 119km/h
カットボール C 143km/h
31 74B 73B 72B 51D 54D 71B ノビ◎
奪三振
打たれ強さ

【個人的寸評】

Sランク初登場。

★3称号技巧派で球威・制球同値が狙えます。

球種的にはもうひとつ欲しいところでしょうか。

メルセデス:巨人

2022Sランク先発メルセデス

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 152km/h
スライダー B 133km/h
カーブ C 119km/h
サークルチェンジ C 131km/h
ツーシームファスト D 148km/h
32 76B 75B 76B 38F 50D 71B コントロール◎
対ピンチ
打たれ強さ

【個人的寸評】

球威-1、制球-2、スタミナ+1で登場。

デフォルトで球威・スタミナ同値となっています。

また★1称号制球自慢で全同値が狙えます。

上方向のストレートとツーシームがあるのが面白いところ。

床田 寛樹:広島

2022Sランク先発床田

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継D抑F ストレート D 150km/h
高速スライダー B 137km/h
スローカーブ E 102km/h
縦スライダー C 130km/h
高速スクリュー B 138km/h
パーム D 129km/h
サークルチェンジ E 129km/h
32 76B 75B 77B 62C 53D 69C キレ◎
援護
対ピンチ

【個人的寸評】

球威+2、制球+1、スタミナ+5と能力値アップしてきました。

デフォルトでの球威・制球同値はなくなりましたが★3称号技巧派で全同値が狙えます。

球種的にはフォークがパームになりました。

小笠原 慎之介:中日

2022Sランク先発小笠原

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 150km/h
スラーブ D 132km/h
サークルチェンジ A 129km/h
ツーシームファスト F 146km/h
Dカーブ C 118km/h
31 75B 69C 74B 35F 40E 69C キレ◎
対ピンチ
打たれ強さ

【個人的寸評】

制球-1、スタミナ+1で登場。

★2称号粘りの投球で球威・スタミナ同値が狙えます。

球種的にはサークルチェンジBがAとアップです。

濵口 遥大:DeNA

2022Sランク先発濱口

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート D 148km/h
スライダー C 129km/h
カーブ E 116km/h
チェンジアップ A 128km/h
フォーク D 133km/h
31 77B 58D 76B 35F 41E 67C キレ◎
奪三振
対ランナー

【個人的寸評】

球威-2、制球+2で登場。

★2称号粘りの投球で球威・スタミナ同値が狙えます。

球種ではチェンジアップBがAとアップしています。

反面、スライダーBがCになったのでB球種以上が減ってしまいました。

田嶋 大樹:オリックス

2022Sランク先発田嶋

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート B 149km/h
カットボール C 140km/h
スラーブ C 131km/h
SFF C 137km/h
サークルチェンジ E 128km/h
ツーシームファスト E 145km/h
カーブ E 117km/h
縦スライダー F 129km/h
32 77B 74B 76B 45E 50D 68C 奪三振◎
対ピンチ
球持ち

【個人的寸評】

球威-1、制球+4で登場。

★1称号丁寧な投球で全同値が可能です。

また特殊能力が超ノビ◎から奪三振◎に変わってきました。

ロメロ:ロッテ

2022Sランク先発ロメロ

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継C抑G ストレート C 157km/h
高速スライダー D 144km/h
縦スライダー C 136km/h
サークルチェンジ D 135km/h
ツーシームファスト E 152km/h
スライダー D 137km/h
31 76B 71B 73B 38F 41E 77B 超豪速球
ノビ
対右打者

【個人的寸評】

ロッテバージョンは初登場。

中日バージョンから球威+1、制球+12、スタミナ+3となってきました。

★3称号鉄腕で球威・スタミナ同値が可能です。

中日よりツーシームCがEと球種的にはややダウン気味です。

早川 隆久:楽天

2022Sランク先発早川

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 151km/h
カットボール B 142km/h
スラーブ D 133km/h
サークルチェンジ B 130km/h
カーブ E 119km/h
32 76B 80A 75B 40E 52D 70B 奪三振◎
キレ
コントロール

【個人的寸評】

球威+2、スタミナ-1で登場。

制球AがBになってしまいますが、★2称号全力投球で球威・制球同値が狙えます。

球種的にはSFFが無くなってしまいました。

杉山 一樹:ソフトバンク

2022Sランク先発杉山

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継S抑G ストレート B 160km/h
縦スライダー D 139km/h
ナックルカーブ D 135km/h
カットボール F 150km/h
フォーク D 144km/h
30 75B 59D 67C 34F 57D 81A 超豪速球
奪三振
ノビ

【個人的寸評】

通常Sランクは初登場。

2021S1では期待の若手で登場しています。

覚醒よりストレート160㎞と強化されているのと限界突破なしで中継ぎも使えるのは大きい。

上原 健太:日ハム

2022Sランク先発上原

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継S抑G ストレート D 150km/h
スライダー C 131km/h
フォーク C 135km/h
サークルチェンジ E 129km/h
チェンジオブペース E 138km/h
31 73B 73B 69C 40E 49E 69C 奪三振◎
キレ
対ランナー

【個人的寸評】

通常Sランク初登場。

デフォルトで球威・制球同値となっています。

限界突破なしで中継ぎも行けるのがウレシイ。

エンス:西武

2022Sランク先発エンス

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継S抑G ストレート B 152km/h
高速スライダー B 139km/h
Dカーブ D 119km/h
サークルチェンジ D 131km/h
31 76B 68C 70B 45E 52D 76B ノビ◎
対右打者
援護

【個人的寸評】

Sランク初登場。

限界突破なしで中継ぎも行けるのがいいですね。

球種的にはイマイチでしょうか。

2022先発4回目欲しいランキング

2022Sランク先発ランキング

欲しい先発は、現状のオーダーや手持ちの育成用Sランク、Aランクでだいぶ変わって来ます。

もちろん純正狙いか12球団か、リアルタイム対戦かリーグオーダーかで全然変わって来ます。

ここではシンプルに能力値などから欲しいランキングとしてみましょう。

欲しいTOP3

まずは欲しい先発4回目のTOP3選手です。

メルセデス:巨人

Aランク能力値はありませんが、デフォルトで球威・スタミナがB同値、そして制球もBと能力値がいいのが特徴。

さらにはBランクですが全同値も狙えるのが強力です。

上方向に変化するストレートとツーシームの使い分けが楽しそうです。

早川 隆久:楽天

称号なしで制球Aはやはり強力ですね。

制球Aのまま使うか、制球Bになってしまいますが球威・制球同値にするか、悩みどころです。

床田 寛樹:広島

ハイレベルでバランスの取れたオールB能力値。

そして全同値も狙えちゃうのもいいですね。

個人的欲しいランキング

  1. メルセデス:巨人
  2. 早川 隆久:楽天
  3. 床田 寛樹:広島
  4. 田嶋 大樹:オリックス
  5. ロメロ:ロッテ
  6. 高梨 裕稔:ヤクルト
  7. 上原 健太:日ハム
  8. ウィルカーソン:阪神
  9. 小笠原 慎之介:中日
  10. 濵口 遥大:DeNA
  11. エンス:西武
  12. 杉山 一樹:ソフトバンク

【まとめ】2022シリーズ1先発4回目

能力値Aを取るか?

同値を取るか?

悩むところですが、コンボ的には同値Sランクでしょうか。

2022シリーズ1先発3回目入手方法

超自チームS狙い打ちスカウト

  • 2022シリーズ1先発3回目登場日:7月5日
  • 登場ガチャ:超自チーム狙い打ち
  • ガチャ期間:7月5日~7月13日14:59
  • 新選手報酬イベント:なし

欲しい先発が勢ぞろいの先発3回目。

残念ながら報酬イベントはありません。

10連でSランク確定の七夕福袋も新選手確定ではないんですね。

個人的には、ここでエナジー使うのはNG。

セレクションかTS第4弾をまちたいところ。

シリーズ1先発3回目能力値一覧

2022シリーズ1先発3回目

まずは先発3回目の能力値、特殊能力を確認です。

とくに2021から能力値の変化が気になるところです。

小川 泰弘:ヤクルト

2022S1先発小川

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 148km/h
サークルチェンジ D 128km/h
フォーク C 133km/h
ナックルカーブ E 125km/h
カットボール C 139km/h
ツーシームファスト E 144km/h
スライダー D 129km/h
32 74B 83A 81A 40E 47E 67C 対ピンチ◎
援護
球持ち

【個人的寸評】

球威-2で登場。

★4称号永久機関で制球・スタミナA同値が狙えます。

対ピンチ◎は変わらずですが、コントロール改が援護に、ノビが球持ちに変わって来ました。

どちらが良いのか?微妙なところですね。

西 勇輝:阪神

2022S1先発西

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート D 146km/h
高速シュート B 144km/h
サークルチェンジ B 126km/h
縦スライダー D 127km/h
カーブ D 115km/h
高速スライダー C 134km/h
スローカーブ F 99km/h
カットボール D 137km/h
32 76B 80A 80A 71B 63C 64C コントロール◎
援護
対ピンチ

【個人的寸評】

球威-2、制球ー1、スタミナ-1と全体時にダウンしてしまいました。

それでも制球・スタミナA同値はキープです。

高速スライダーBがCにダウンしてしまいました。

反面、対ランナーが対ピンチになったのはイイですね。

戸郷 翔征:巨人

2022S1先発戸郷

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継F抑G ストレート C 154km/h
フォーク A 138km/h
Dカーブ E 121km/h
カットボール C 145km/h
ツーシームファスト E 150km/h
縦スライダー D 134km/h
31 76B 64C 77B 41E 43E 74B キレ◎
奪三振
援護

【個人的寸評】

制球-2、スタミナ+1で登場。

デフォルトでの球威・スタミナ同値はなくなりましたが称号で球威・スタミナ同値が狙えます。

フォークBがフォークAになっています。

大瀬良 大地:広島

2022S1先発大瀬良

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート D 152km/h
ツーシームファスト E 147km/h
縦カット B 146km/h
スローカーブ E 104km/h
カットボール A 143km/h
SFF E 140km/h
スライダー C 133km/h
32 77B 80A 80A 71B 78B 71B キレ◎
対ピンチ
打たれ強さ

【個人的寸評】

能力値変わらずで登場。

デフォルトで制球・スタミナA同値と強力です。

さらに★3称号うなる剛腕でA全同値も狙えるのは大きい。

コントロールが打たれ強さになったのは実戦的にどう影響するのか気になるところ。

大野 雄大:中日

2022S1先発大野

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート A 152km/h
高速スライダー C 139km/h
フォーク B 137km/h
ツーシームファスト B 148km/h
チェンジアップ E 131km/h
33 81A 84A 83A 40E 54D 71B キレ◎
ノビ
対ランナー

【個人的寸評】

球威-1、スタミナー1で登場。

デフォルトでの制球・スタミナ同値は無くなってしまいました。

それでも能力値オールAと強力なのは変わらずです。

ツーシームAがBになってしまったのはどのくらい影響あるでしょう。

今永 昇太:DeNA

2022S1先発今永

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート B 150km/h
高速スライダー C 137km/h
スローカーブ D 102km/h
チェンジアップ B 129km/h
カットボール D 141km/h
スプリットチェンジ D 135km/h
32 78B 76B 78B 46E 56D 69C ノビ◎
奪三振
キレ

【個人的寸評】

球威-1、制球+6で登場。

デフォルトで球威・スタミナ同値となっています。

★2称号圧倒的な制球で全同値が、★4称号永久機関で球威・スタミナA同値が狙えます。

山岡 泰輔:オリックス

2022S1先発山岡

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート D 152km/h
シンキングファスト F 148km/h
サークルチェンジ B 131km/h
縦スライダー B 133km/h
スラーブ C 133km/h
カットボール C 143km/h
超高速シンカー F 145km/h
縦カット D 146km/h
ナックルカーブ F 128km/h
32 78B 75B 77B 63C 60C 71B キレ◎
奪三振
対ランナー

【個人的寸評】

通常Sランクは1年ぶり。

制球+3、スタミナ-3で登場。

サークルチェンジDがBに、スラーブDがCになり超高速シンカーが追加になっています。

石川 歩:ロッテ

2022S1先発石川

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート D 150km/h
高速シュート E 148km/h
シンカー B 126km/h
スローカーブ D 102km/h
カットボール C 141km/h
高速シンカー D 138km/h
32 77B 82A 76B 61C 60C 69C コントロール◎
キレ
対ピンチ

【個人的寸評】

球威-1、スタミナー1で登場。

ストレートEがDにアップですが、カットボールBがCになりスライダーがなくなっています。

則本 昂大:楽天

2022S1先発則本

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 157km/h
縦スライダー A 136km/h
ナックルカーブ D 133km/h
スライダー B 137km/h
チェンジアップ D 135km/h
スローカーブ F 107km/h
カットボール D 147km/h
32 81A 78B 81A 44E 58D 77B 奪三振◎
キレ
対ランナー

【個人的寸評】

球威+1で登場。

デフォルトで球威・スタミナA同値になったのはウレシイところ。

★3称号精密機関でオールA全同値が狙えるのも大きい。

スライダーCがBにアップです。

石川 柊太:ソフトバンク

2022S1先発石川

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継C抑G ストレート C 151km/h
フォーク D 136km/h
パワーカーブ A 128km/h
高速スライダー C 138km/h
32 77B 71B 77B 48E 58D 70B キレ◎
奪三振
対ランナー

【個人的寸評】

球威-1、スタミナ+1で登場。

その結果、球威・スタミナ同値となってきました。

エキサイティングでも登場済みなので持っていれば不要ですね。

伊藤 大海:日ハム

2022S1先発伊藤

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート B 153km/h
サークルチェンジ E 132km/h
縦スライダー B 133km/h
スローカーブ E 104km/h
スライダー B 134km/h
スプリットチェンジ E 146km/h
フォーク D 137km/h
ナックルカーブ F 129km/h
カットボール D 144km/h
31 78B 68C 75B 48E 51D 73B 奪三振◎
キレ
援護

【個人的寸評】

能力値変わらずで登場。

ストレートCがBに、スライダーCがBとなtってきました。

中継ぎの適性が無くなってしまったのは残念。

松本 航:西武

2022S1先発松本

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継C抑G ストレート B 151km/h
SFF C 139km/h
スローカーブ D 103km/h
カットボール C 142km/h
ツーシームファスト D 147km/h
縦スライダー D 131km/h
スライダー D 132km/h
31 76B 60C 74B 47E 55D 70B ノビ◎
対ピンチ
打たれ強さ

【個人的寸評】

スタミナ+2で登場。

限界突破3回で中継ぎも使えるようになりました。

2022S1先発3回目欲しいランキング

2022S1先発3回目欲しいランキング

通常Sランク・先発の欲しいランキングは百人百様。

現在のオーダーはもちろん、同じリーグオーダーでも純正かどうかや狙うランクで全然違ってきちゃいます。

ここではシンプルに能力値や特殊能力、サブポジから無課金初心者的に欲しいランキングとしてみました。

欲しいTOP3

これは外せない!と考えられるトップ3選手から。

大野 雄大:中日

先発3回目最高の能力値となっています。

限界突破もしやすいのに超強力な通常Sランクとなっていて、ぜひ欲しい先発ですね。

小川 泰弘:ヤクルト

先発3回目の欲しいTOP2はなかなか難しい感じですが、能力値的に小川選手としてみました。

ちょっとハードルは高いですがA同値も狙えますし。

西 勇輝:阪神

A同値+個人的に欲しいというチョイスになりました。

大瀬良選手と甲乙つけがたいのですが、阪神で強力先発が欲しいならキマリだと思います。

個人的欲しいランキング

  1. 大野 雄大:中日
  2. 小川 泰弘:ヤクルト
  3. 西 勇輝:阪神
  4. 則本 昂大:楽天
  5. 大瀬良 大地:広島
  6. 石川 歩:ロッテ
  7. 今永 昇太:DeNA
  8. 山岡 泰輔:オリックス
  9. 石川 柊太:ソフトバンク
  10. 伊藤 大海:日ハム
  11. 戸郷 翔征:巨人
  12. 松本 航:西武

【まとめ】2022シリーズ1先発3回目

2022シリーズ1先発3回目も欲しいSランクだらけで本当に悩むところです。

とはいうものの、無課金勢は超自チーム狙い打ちガチャはスルーがおススメ。

セレクションあるいはTS第4弾にエナジー稼いでおきましょう。

2022シリーズ1先発2回目入手方法

ドラフトスカウト詳細をみる

2022シリーズ1先発2回目評価一覧

2022シリーズ1先発2回目

まずは今回登場した先発2回目の能力値ほかを確認していきましょう。

エース枠だけあって、どの選手もオーダーに欲しい能力値や球種となっていますね。

奥川 恭伸:ヤクルト

2022シリーズ1先発奥川

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継E抑G ストレート D 155km/h
サークルチェンジ F 134km/h
フォーク B 139km/h
スラーブ C 136km/h
カットボール C 146km/h
カーブ F 122km/h
32 76B 81A 75B 60C 61C 75B 奪三振◎
キレ
援護

【個人的寸評】

球威+1、制球+3、スタミナ+1で登場。

能力値が全体的にアップしてきました。

球種的にはフォークDがBになって来たのはイイ感じですね。

青柳 晃洋:阪神

2022シリーズ1先発青柳

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ツーシームファスト B 148km/h
高速シンカー D 136km/h
チェンジアップ E 128km/h
スライダー B 129km/h
ストレート C 148km/h
カットボール E 139km/h
32 79B 76B 80A 46E 39F 67C キレ◎
対ピンチ
打たれ強さ

【個人的寸評】

能力値変わらずで登場。

称号で球威・スタミナ同値が狙えます。

ツーシームAがBになったのがどう影響するか?

髙橋 優貴:巨人

2022シリーズ1先発高橋

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継D抑G ストレート C 148km/h
スライダー C 129km/h
カーブ E 116km/h
スクリュー A 124km/h
カットボール F 139km/h
31 76B 63C 77B 44E 41E 67C 対ピンチ◎
キレ
奪三振

【個人的寸評】

球威-1、制球+1で登場。

球種的にはストレートBがCにダウン。

球種数も一つ減ってきましたが全体的には強い球種といえそうです。

九里 亜蓮:広島

2022シリーズ1先発九里

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継E抑G ストレート C 150km/h
ツーシームファスト C 146km/h
フォーク C 135km/h
カーブ E 118km/h
スライダー B 131km/h
チェンジアップ C 129km/h
カットボール E 141km/h
32 77B 73B 79B 48E 42E 69C 援護◎
キレ
打たれ強さ

【個人的寸評】

制球-2、スタミナ+1で登場。

フォークBがCにダウンしてしまいました。

また、”対ピンチ”が”討たれ強さ”に変わったのはマイナス評価でしょうか。

柳 裕也:中日

2022シリーズ1先発柳

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート D 148km/h
高速シュート F 146km/h
チェンジアップ B 136km/h
縦スライダー B 128km/h
Dカーブ C 116km/h
カットボール A 139km/h
シンカー E 124km/h
33 82A 81A 82A 56D 62C 67C 奪三振◎
対ピンチ
キレ

【個人的寸評】

制球+1で登場。

能力値オールAの上に、デフォルトで球威・スタミナA同値は強力ですね。

称号で全同値も狙えます。

中日純正ならずともオーダーに欲しいところ。

大貫 晋一:DeNA

2022シリーズ1先発大貫

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 149km/h
ツーシームファスト D 142km/h
SFF C 137km/h
Dカーブ E 117km/h
スライダー C 130km/h
カットボール E 140km/h
32 74B 75B 71B 42E 53D 68C 対ピンチ◎
奪三振
キレ

【個人的寸評】

制球-1で登場。

特殊能力も変わらずとなりました。

スライダーの変化量がアップしているのはイイですね。

DeNA純正向けでしょうか。

山本 由伸:オリックス

2022シリーズ1先発山本

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート B 157km/h
高速シュート D 155km/h
SFF A 145km/h
Dカーブ A 123km/h
カットボール B 147km/h
ツーシームファスト E 152km/h
フォーク B 141km/h
スローカーブ F 107km/h
高速スライダー B 144km/h
33 84A 80A 84A 50D 57D 77B 奪三振◎
キレ
対強打者

【個人的寸評】

制球+1で登場。

能力値オールAに加え、デフォルトで球威・スタミナA同値を強力です。

そしてフォークが追加になったのは超強力アップといえるでしょう。

特殊能力”ノビ”が”奪三振”になったのはどうみるか。

これはぜひ欲しいところです。

小島 和哉:ロッテ

2022シリーズ1先発小島

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 148km/h
カットボール C 139km/h
スラーブ D 130km/h
フォーク C 133km/h
サークルチェンジ B 128km/h
ツーシームファスト F 144km/h
カーブ E 116km/h
31 76B 68C 74B 44E 43E 67C キレ◎
打たれ強さ
対強打者

【個人的寸評】

球威+1、制球+5で登場。

”対ピンチ◎”がなくなったのはリアタイで使っていたロッテ純正ユーザーには痛いところ。

田中 将大:楽天

2022シリーズ1先発田中

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート D 154km/h
サークルチェンジ D 133km/h
SFF B 142km/h
高速スライダー A 141km/h
カットボール C 145km/h
ツーシームファスト C 150km/h
カーブ E 121km/h
スライダー D 134km/h
33 82A 82A 83A 58D 58D 74B キレ◎
コントロール
対ピンチ

【個人的寸評】

制球-1で登場。

デフォルトで同値が崩れてしまいましたが、それでも能力値オールAと強力ですね。

SFFがAからBにダウンですが、それでもじゅうぶんな強さ。

絶対欲しい先発Aですね。

千賀 滉大:ソフトバンク

2022シリーズ1先発千賀

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 161km/h
スプリーム F 148km/h
フォーク A 145km/h
スラーブ D 141km/h
カットボール B 151km/h
ツーシームファスト D 156km/h
縦スライダー D 140km/h
カーブ F 126km/h
スロースライダー C 133km/h
32 81A 70B 81A 52D 44E 82A 奪三振◎
ノビ
対ピンチ

【個人的寸評】

制球+3で登場。

デフォルトで球威・スタミナA同値は有利ですね。

球種的にはスプリームが追加になったし特殊能力的にもバッチリ。

12球団オーダーにもぜひ欲しい先発Aとなっていますね。

上沢 直之:日ハム

2022シリーズ1先発上沢

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート B 151km/h
サークルチェンジ D 130km/h
フォーク C 139km/h
ナックルカーブ C 128km/h
スライダー B 132km/h
ツーシームファスト E 147km/h
カーブ E 119km/h
カットボール C 142km/h
32 78B 73B 78B 67C 54D 70B キレ◎
奪三振
対ランナー

【個人的寸評】

能力値変わらずで登場。

デフォルトで球威・スタミナがB同値となっています。

球種も豊富で日ハム純正ならずともオーダーに入る先発ではないでしょうか。

髙橋 光成:西武

2022シリーズ1先発髙橋

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート D 154km/h
SFF B 142km/h
カーブ E 121km/h
カットボール C 145km/h
縦スライダー B 134km/h
スライダー D 134km/h
31 76B 65C 80A 42E 44E 74B キレ◎
対ピンチ
尻上がり

【個人的寸評】

球威-2、制球+1、スタミナ+1で登場。

特殊能力は変わらずとなっています。

球種的にはストレートEがD、縦スライダーCがBにアップしてきました。

2022シリーズ1先発2回目欲しいランキング

2022シリーズ1先発エースランキング

2022シリーズ1先発2回目はエース枠だけあって、どの選手をゲットしても極までもっていってオーダー入りは確実といえそうです。

なかでも個人的に超欲しいTOP3をピックアップです。

欲しいTOP3

山本 由伸:オリックス

球威・スタミナとはいえ84Aの同値は強力です。

おまけに制球だって80Aと、

  • 能力値オールA
  • A同値

の2拍子揃っています。

球種的にも能力値的にもリアタイ・リーグ両方で欲しい先発No1といえそうです。

柳 裕也:中日

  • 能力値オールA
  • 球威・スタミナA同値
  • 称号で全同値もOK

これだけみても欲しい先発に入ると思います。

個人的に中日の先発も欲しいところなんですよね。

田中 将大:楽天

説明の必要はないのではないでしょうか。

デフォルトでのA同値は崩れてしまいましたが、

  • 能力値オールA
  • 球種的にリアタイも強い
  • 称号で同値狙える

などなど、相変わらず強力です。

ここでゲットしておきたいところです。

個人的欲しいランキング

  1. 山本 由伸:オリックス
  2. 柳 裕也:中日
  3. 田中 将大:楽天
  4. 千賀 滉大:ソフトバンク
  5. 青柳 晃洋:阪神
  6. 奥川 恭伸:ヤクルト
  7. 上沢 直之:日ハム
  8. 九里 亜蓮:広島
  9. 大貫 晋一:DeNA
  10. 小島 和哉:ロッテ
  11. 髙橋 優貴:巨人
  12. 髙橋 光成:西武

【まとめ】2022シリーズ1先発2回目

2022シリーズ1先発2回目・エース枠は意外に早いタイミングでの登場でしたね。

強力先発が勢ぞろいですから、なるはやでゲットしてオーダーに入れたいところです。

ただ、ドラフトスカウトは無課金はスルー。

エキサイティングまでエナジーしっかり稼いでおきましょう。

2022シリーズ1先発1回目入手方法

2022グランドオープン福袋

2022シリーズ1先発1回目能力値一覧

2022シリーズ1Sランク

まずは2022シリーズ1先発の能力値を確認していきましょう。

サイスニード:ヤクルト

2022S1先発サイスニート

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継C抑F カットボール B 153km/h
チェンジアップ E 132km/h
ナックルカーブ D 129km/h
スライダー C 134km/h
カットボール E 144km/h
31 75B 65C 71B 48E 53D 73B ノビ◎
奪三振
対ランナー

【個人的寸評】

Sランク初登場。

能力値はそこまで高くないのですが、球種的に面白そうです。

特殊能力が強化されるとリアタイでもアリかも。

伊藤 将司:阪神

2022S1先発伊藤

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継D抑G ストレート C 144km/h
カットボール C 135km/h
スローカーブ E 98km/h
SFF D 133km/h
サークルチェンジ C 124km/h
ツーシームファスト C 140km/h
32 76B 78B 77B 50D 56D 62C 援護◎
対ピンチ
球持ち

【個人的寸評】

制球+1で登場。

称号で全同値が狙えますね。

球種数は一つ減りましたが内容的には強化されています。

菅野 智之:巨人

2022S1先発菅野

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 153km/h
シュート F 148km/h
縦スライダー B 133km/h
ナックルカーブ C 129km/h
スライダー B 134km/h
ワンシーム D 149km/h
フォーク B 137km/h
スローカーブ D 104km/h
カットボール D 144km/h
33 80A 82A 82A 52D 50D 73B キレ◎
コントロール
対ピンチ

【個人的寸評】

球威-2、制球-2、スタミナ-1と全体的にマイナスで登場。

とはいっても、それでも能力値オールAかつ称号で全同値が狙えます。

欲しい先発No1といえますね。

森下 暢仁:広島

2022S1先発森下

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート B 155km/h
スプリット F 148km/h
チェンジアップ C 134km/h
Dカーブ B 122km/h
カットボール C 146km/h
縦スライダー F 135km/h
32 81A 74B 83A 52D 64C 75B キレ◎
対ピンチ
奪三振

【個人的寸評】

球威-1で登場。

それでも球威Aは強力ですね。

ストレートAがBになってしまいました。

”尻上がり”が”対ピンチ”になってきました。

松葉 貴大:中日

2022S1先発松葉

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート D 147km/h
カットボール B 138km/h
スラーブ D 129km/h
フォーク D 141km/h
サークルチェンジ C 127km/h
ツーシームファスト D 143km/h
スローカーブ F 100km/h
32 74B 79B 70B 43E 42E 65C 対ピンチ◎
コントロール
対右打者

【個人的寸評】

制球+1で登場。

カットボールCがBとなってきました。

特殊能力は変わらずですね。

ロメロ:DeNA

2022S1先発ロメロ

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継D抑G ツーシームファスト D 152km/h
チェンジアップ D 150km/h
高速スライダー C 144km/h
ストレート E 157km/h
カットボール C 147km/h
31 72B 65C 69C 41E 51D 77B 援護◎
奪三振
打たれ強さ

【個人的寸評】

制球-2で登場。

球種数+1と若干ですが強化といえそうです。

宮城 大弥:オリックス

2022S1先発宮城

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート B 151km/h
スライダー C 133km/h
カーブ C 119km/h
SFF D 139km/h
サークルチェンジ C 130km/h
高速スライダー D 138km/h
スローカーブ B 103km/h
32 80A 76B 74B 42E 63C 70B キレ◎
奪三振
対ランナー

【個人的寸評】

スタミナ+1となってきました。

球種数・内容的にも欲しい先発の1人になりそうです。

佐々木 朗希:ロッテ

2022S1先発佐々木

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 163km/h
サークルチェンジ E 141km/h
SFF B 150km/h
カーブ E 128km/h
高速スライダー B 149km/h
32 78B 72B 69C 45E 43E 80A 奪三振◎
豪速球
キレ

【個人的寸評】

球威+1、制球+4で登場。

高速スライダーCがBになりましたが、フォークCがSFF Bになったのをどう評価するか。

瀧中 瞭太:楽天

2022S1先発瀧中

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継D抑G ストレート C 146km/h
シンキングファスト E 142km/h
高速シンカー E 134km/h
フォーク C 131km/h
スローカーブ D 99km/h
カットボール C 137km/h
チェンジアップ C 126km/h
スライダー D 127km/h
32 73B 76B 72B 44E 56D 64C 対ピンチ◎
キレ
安定感

【個人的寸評】

スタミナ+1とほぼ変わらずで登場。

スライダー、チェンジアップが若干プラスになってきました。

和田 毅:ソフトバンク

2022S1先発和田

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート B 146km/h
スライダー C 127km/h
カーブ D 115km/h
サークルチェンジ C 126km/h
ツーシームファスト D 142km/h
カットボール E 137km/h
31 73B 73B 73B 53D 54D 64C ノビ◎
打たれ強さ
球持ち

【個人的寸評】

制球-2ではありますが、なんとデフォルトで全同値となってきました!

リーグオーダー的にはウレシイところですね。

”対ピンチ”が無くなったのをどう見るか。

加藤 貴之:日ハム

2022S1先発加藤

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継B抑G ストレート C 143km/h
スライダー D 125km/h
スローカーブ D 97km/h
フォーク B 128km/h
サークルチェンジ E 123km/h
ツーシームファスト F 139km/h
高速スライダー D 131km/h
32 74B 81A 75B 40E 41E 61C 援護◎
安定感
球持ち

【個人的寸評】

制球+2と、制球Aになってきました。

限界突破なしで中継も使えるのは手持ちの先発が少ないプレイヤーにはウレシイ。

今井 達也:西武

2022S1先発今井

ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
先S 継G抑G ストレート C 157km/h
サークルチェンジ C 135km/h
縦スライダー B 136km/h
Dカーブ E 123km/h
高速スライダー B 144km/h
31 78B 58D 79B 45E 48E 77B キレ◎
奪三振
対ランナー

【個人的寸評】

称号で球威・スタミナ同値が狙えます。

リーグオーダー的には同値が狙えるのは大きいですね。

2022シリーズ1先発1回目欲しいランキング

2022S1先発菅野

個人的欲しいTOP3

まずは個人的に欲しいランキングTOP3です。

菅野 智之:巨人

デフォルトで能力値オールA、そして制球・スタミナ同値は通常Sランクの先発としてはトップクラスですね。

巨人純正はもちろん12球団オーダーでも欲しい先発の1人ですね。

森下 暢仁:広島

リーグオーダー入りにはA能力値が2つは欲しいところ。

スタミナ型ではありますが、球威AとA能力値が2つある先発は欲しいところ。

宮城 大弥:オリックス

球威Aの球威型となっています。

球種数・球種内容的にも欲しい先発になりそうです。

欲しいランキング

  1. 菅野 智之:巨人
  2. 森下 暢仁:広島
  3. 宮城 大弥:オリックス
  4. 加藤 貴之:日ハム
  5. 伊藤 将司:阪神
  6. 瀧中 瞭太:楽天
  7. 和田 毅:ソフトバンク
  8. 松葉 貴大:中日
  9. 佐々木 朗希:ロッテ
  10. 今井 達也:西武
  11. サイスニード:ヤクルト
  12. ロメロ:DeNA

【まとめ】2022シリーズ1先発1回目

プロスピA・2022シリーズ1の先発には欲しいSランクが多いですね。

ここでゲットしてなるはやで育成しておきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

five × five =