プロスピA-Sランク2019【シリーズ2・中継ぎ】当たりはだれ?

2019中継ぎ

プロスピA・Sランク【シリーズ2・中継ぎ】投手の評価一覧です。

主観的当たりランキングもつけてみました。

シリーズ2はシリーズ1にくらべて「スピリッツ3200」と、それだけで強力です。

オーダーに速く取り入れたいですね。

Sランク2019【シリーズ2・中継】11月22日追加

プロスピA中継ぎSランク

【シリーズ2・中継】11月22日追加・入手方法

【シリーズ2・中継】11月22日追加・評価一覧

どちらかというとリアルタイム対戦向けの中継ぎ投手陣といったところでしょうか。

すでに中継が揃っているなら、12球団・リーグオーダー的にはエナジー使って取りに行く必要性はなさそう。

ヒース:西武

プロスピA中継ぎヒース

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
ヒース 西武 継S 先G抑B ストレート:C
スライダー:A
ナックルカーブ:D
SFF:D
ツーシームファスト:E
27 75B 70B 62C 58D 46E 71B 奪三振◎
キレ・改
ノビ

【寸評】

今季で退団決定。シリーズ1よりも能力値がダウンしてしまいました。

限界突破無しで抑えもデキるのは無課金初心者にはウレシイ所。

リアルタイム対戦で有利と言われているツーシームとSFFを持っている点はイイ感じですね。

髙橋 純平:ソフトバンク

プロスピA中継ぎSランク高橋

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
髙橋 純平 ソフトバンク 継S 先C抑G ストレート:D
スライダー:B
Dカーブ:E
SFF:C
縦スライダー:D
27 76B 67C 67C 45E 50D 74B キレ◎
ノビ・改
奪三振

【寸評】

通常Sランクは初登場。

限界突破3回で先発も可能ですが、限界突破要員確保はちょっとハードですね。

高梨 雄平:楽天

プロスピA中継ぎSランク高梨

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
高梨 雄平 楽天 継S 先G抑G ストレート:B
スライダー:B
シュート:D
26 78B 59D 61C 42E 40E 61C 奪三振◎
キレ・改
対左打者

【寸評】

前回、2018シリーズ1で登場時より能力値がアップで登場です。

スライダーの変化量はMAXなんですが、球種が3球種というのはプロスピA的には難しい面もありますね。

松永 昂大:ロッテ

プロスピA中継ぎSランク松永

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
松永 昂大 ロッテ 継S 先G抑G ストレート:B
高速スライダー:C
スラーブ:C
フォーク:E
シュート:E
ツーシームファスト:D
チェンジアップ:D
27 76B 70B 61C 45E 48E 68C 対ピンチ◎
キレ・改
対左打者

【寸評】

7球種持ちと球種が多いとプロスピAというゲーム的には有利になりますね。

ツーシームファストとフォーク、そして変化量が多いスラーブが決め手になりそうです。

公文 克彦:日ハム

プロスピA中継ぎSランク公文

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
公文 克彦 日ハム 継S 先G抑G ストレート:C
スライダー:B
シュート:C
27 74B 74B 61C 43E 49E 68C 対ピンチ◎
ノビ・改
対左打者

【寸評】

シリーズ1時より能力値がアップ、そして球威制球同値で登場と使い勝手が非常に良いですね。

3球種と持ち球は少なめですが、変化量の大きいスライダーは強力です。

海田 智行:オリックス

プロスピA中継ぎSランク海田

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
海田 智行 オリックス 継S 先G抑G ストレート:D
カットボール:B
カーブ:C
フォーク:C
スクリュー:F
シュート:F
高速スライダー:B
チェンジアップ:D
27 75B 77B 60C 51D 52D 59D ノビ◎
コントロール・改
対ランナー

【寸評】

2917年依頼の久々の登場ということで限界突破要員は少なめ。

8球種持ちと球種が多いのはプロスピAというゲームでは有利に働きますね。

B球種が2つと使い勝手が良さそうですが、制球型という点がマイナスイメージになりそう。

澤村 拓一:巨人

プロスピA中継ぎSランク澤村

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
澤村 拓一 巨人 継S 先C抑E ストレート:C
SFF:C
カーブ:F
スライダー:D
ツーシームファスト:E
カットボール:F
27 75B 65C 62C 47E 66C 75B 対ピンチ◎
豪速球・改
重い球

【寸評】

2018年シリーズ2から久しぶりの登場。

球種は6球種と多いうえにツーシーム、SFFとリアルタイム対戦でも有利な2つも持っています。

ストレート155㎞+特殊能力”豪速球”は強力です。

三嶋 一輝:DeNA

プロスピA中継ぎSランク三嶋

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
三嶋 一輝 DeNA 継S 先D抑G ストレート:B
高速スライダー:D
カーブ:D
フォーク:D
縦スライダー:F
27 75B 60C 68C 43E 48E 74B 対ピンチ◎
ノビ・改
奪三振

【寸評】

シリーズ1では未登場なので1年ぶり、前回よりも球威がアップで登場です。

5球種持ちとなかなかの球種にくわえ154㎞という速いストレートが魅力ですね。

岩崎 優:阪神

プロスピA中継ぎSランク岩崎

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
岩崎 優 阪神 継S 先G抑G ストレート:B
スラーブ:C
スローサークルチェンジ:B
27 76B 71B 64C 35F 44E 65C ノビ◎
奪三振・改
対左打者

【寸評】

1年ぶりですが、球威・制球の能力値がアップで登場です。

3球種と少なめですが、速打差の大きいB球種が2つと意外に打たれないんですよね。

レグナルト:広島

プロスピA中継ぎSランクレグナルト

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
レグナルト 広島 継S 先G抑G ストレート:B
高速スライダー:D
ハンマーカーブ:C
チェンジアップ:B
ツーシームファスト:E
27 78B 63C 62C 49E 48E 70B ノビ◎
対ピンチ・改
奪三振

【寸評】

今季で退団が決定済みですが、前回より能力値がかなりアップしています。

Bランクのストレートとチェンジアップを含む5球種と、使い勝手は悪くないですね。

最大の武器であるハンマーカーブは変化量が多く強力です。

福 敬登:中日

プロスピA中継ぎSランク福

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
福 敬登 中日 継S 先C抑G ストレート:B
スライダー:C
カーブ:D
フォーク:C
カットボール:D
27 76B 71B 61C 41E 40E 63C ノビ◎
奪三振・改
対ランナー

【寸評】

通常Sランク初登場ですが、能力値・球種ランクレベルが高く使いやすそうです。

Cランクのスライダーやフォークと変化球も強いうえにストレートもBランクと、使い勝手が良さそうですね。

近藤 一樹:ヤクルト

プロスピA中継ぎSランク近藤

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
近藤 一樹 ヤクルト 継S 先C抑G ストレート:E
チェンジアップ:F
フォーク:C
Dカーブ:D
スライダー:C
カットボール:C
27 75B 66C 64C 51D 46E 68C 奪三振
援護・改
広島キラー(投手)

【寸評】

シリーズ1と同じ能力値で登場となりました。

2018シーズンではB9&THにも登場したセットアッパーですね。

全体的には強化された変化球で使い勝手は良さそうです。

【シリーズ2・中継】11月22日追加・当たりランキング

プロスピA中継ぎSランク

ヒース:西武

限界突破無しでサブポジションである「抑え」も使えるのが高評価です。

無課金初心者には、サブポジション使える意味は大きいですからね。

球威型で能力値が高いレベルでバランスが良く、超特殊能力の”奪三振”と相まって三振が狙える球種持ちである点も、高評価となりました。

レグナルト:広島

能力値的には他にも有力選手がいるのですが、

  • 球威が他に比べて高い。
  • B球種が2つとハンマーカーブが強力。
  • 個人的に広島だから。

という点で、当たりNo2となりました。

じっさいに使った感じでも、三振も狙えるし使い勝手は良いんですよね。

松永 昂大:ロッテ

球種数の多さと、球種内容からリアルタイム対戦で、かなり有利になりそうな点が高評価です。

特殊能力”対ピンチ”も発動すると非常に効果的ですから、ぜひ習得+レベルアップしておきたいですね。

主観的・11月22日追加中継ぎ当たりランキング

  1. ヒース:西武
  2. レグナルト:広島
  3. 松永 昂大:ロッテ
  4. 公文 克彦:日ハム
  5. 髙橋 純平:ソフトバンク
  6. 澤村 拓一:巨人
  7. 三嶋 一輝:DeNA
  8. 福 敬登:中日
  9. 近藤 一樹:ヤクルト
  10. 高梨 雄平:楽天
  11. 岩崎 優:阪神
  12. 海田 智行:オリックス

Sランク2019【シリーズ2・中継】10月9日追加

2019Sランク中継評価

  • 登場日:2019年10月9日
  • 入手ガチャ:戦力強化スカウト 2019年10月9日~10月10日14:59
  • 報酬イベント:プロスピ交流戦 2019年10月9日~10月15日14:59

2019シリーズ2・Sランク中継ぎ追加はなんと1日だけの戦力強化スカウト。

10日はアニバーサリー登場と思われるので、このガチャを引く人は少なさそう。

【シリーズ2・中継】10月9日追加評価一覧

マーティン:西武

Sランク2019中継ハーマン

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
マーティン 西武 継S 先G抑G ストレート:C
サークルチェンジ:B
ナックルカーブ:E
スライダー:D
カットボール:D
26 75B 59D 61C 48E 46E 74B 対ピンチ◎
キレ・改
奪三振

【寸評】球威がダウンですが、それでも完全な球威タイプですね。5球種のうちB球種が一つと西部純正向けでしょうか。

モイネロ:ソフトバンク

Sランク2019中継モイネロ

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
モイネロ ソフトバンク 継S 先G抑G ストレート:B
スライダー:E
カーブ:C
縦スライダー:A
チェンジアップ:C
27 81A 70B 61C 33F 49E 76B 対ピンチ◎
キレ・改
奪三振

【寸評】球威Aで登場。5球種持ちで縦スライダーもA、制球も申し分ない能力値ですね。

石川 直也:日ハム

Sランク2019中継石川

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
石川 直也 日ハム 継S 先G抑B ストレート:D
SFF:A
Dカーブ:D
縦スライダー:D
27 78B 67C 64C 44E 41E 75B キレ◎
奪三振・改
ノビ

【寸評】限界突破なしで抑えにも使えるのが無課金初心者にはウレシイ。スプリットAに能力値も平均的。

近藤 大亮:オリックス

Sランク2019中継近藤

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
近藤 大亮 オリックス 継S 先G抑G ストレート:A
SFF:C
スラーブ:D
カットボール:C
ラビットボール:F
27 79B 59D 62C 42E 40E 71B ノビ◎
奪三振・改
対ランナー

【寸評】球威・制球がアップでAまでもう一歩。5球種持ちでストレートもAと初心者にも使い勝手が良さそう。

 

唐川 侑己:ロッテ

Sランク2019中継唐川

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
唐川 侑己 ロッテ 継S 先B抑G ストレート:C
シュート:E
サークルチェンジ:E
SFF:D
スローカーブ:E
カットボール:B
28 75B 78B 68C 35F 40E 67C コントロール◎
援護・改
対ランナー

【寸評】2017以来のSランク登場。高レベルでバランスのとれた能力値に加え、先発もOK。球種も多く初心者に使いやすそうです。

ハーマン:楽天

Sランク2019中継ハーマン

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
ハーマン 楽天 継S 先G抑B ストレート:B
チェンジアップ:E
ナックルカーブ:D
スライダー:D
カットボール:C
27 76B 68C 61C 40E 42E 74B ノビ◎
奪三振・改
対ランナー

【寸評】球威・制球能力値が若干ダウン気味ですが、それでも高いレベル。抑えも使えるのがありがたい。

一岡 竜司:広島

Sランク2019中継一岡

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
一岡 竜司 広島 継S 先G抑G ストレート:B
パワーフォーク:D
カーブ:C
カットボール:D
フォーク:C
27 77B 68C 62C 45E 61C 68C 対ピンチ◎
ノビ・改
奪三振

【寸評】平均的な能力値でバランスが良いですね。フォークが2種類持ちというのが特徴的です。

ハフ:ヤクルト

Sランク2019中継ハフ

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
ハフ ヤクルト 継S 先S抑E ストレート:A
カットボール:B
チェンジアップ:E
27 79B 70B 68C 50D 58D 68C ノビ◎
対ピンチ・改
奪三振

【寸評】球威大幅アップで登場。球種は3つですがストレートAにカットボールBは十分強い。この能力値で限界突破無しで先発もOKなのは無課金初心者ならずとも欲しいところ。

田口 麗斗:巨人

Sランク2019中継田口

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
田口 麗斗 巨人 継S 先S抑G ストレート:D
スライダー:C
スローカーブ:D
縦スライダー:D
スロースクリュー:D
ツーシームファスト:E
27 70B 71B 71B 41E 48E 64C キレ◎
奪三振・改
対右打者

【寸評】制球・スタミナ同値と高いレベルでバランスしている能力値は初心者には扱いやすそう。限界突破無しで先発もOKと無課金初心者にはおススメ。

パットン:DeNA

Sランク2019中継パットン

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
パットン DeNA 継S 先G抑G ストレート:B
縦スライダー:E
スライダー:E
チェンジアップ:C
27 77B 74B 59D 43E 52D 74B 奪三振◎
ノビ・改
対ピンチ

【寸評】球威がダウンしてしまいましたが、それでも十分な能力値。変化球がちょっと弱いかも。

岡田 俊哉:中日

Sランク2019中継岡田

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
岡田 俊哉 中日 継S 先G抑S ストレート:D
高速スライダー:B
スラーブ:C
フォーク:C
ツーシームファスト:E
27 76B 65C 58D 45E 50D 65C 対ピンチ◎
奪三振・改
対左打者

【寸評】抑えも限界突破無しで使えるのは無課金初心者には本当にありがたい。三振が取りやすい変化球と特殊能力で勝負が楽しそう。

藤川 球児:阪神

Sランク2019中継藤川

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
藤川 球児 阪神 継S 先G抑S ストレート:A
SFF:B
カーブ:D
27 83A 58D 62C 63C 53D 71B ノビ◎
奪三振・改
対ピンチ

【寸評】なんと球威が大幅アップで登場。球種は3つですがストレート、スプリットともに高ランクなので問題なし。これは欲しい。

【シリーズ2・中継ぎ】10月9日追加・当たりランキング

Sランク2019中継ぎ一覧

藤川 球児:阪神

球威83Aというベテラン中継選手。

プロスピAでは、投手の強さはスピリッツとともに球威が力が重要です。

その点で、球威、変化球の強さ、いずれも申し分ないですね。

とにかく先発オーダーに欲しい選手ナンバー1でしょう。

モイネロ:ソフトバンク

球威81Aと縦スライダーAは強力ですね。

制球力も申し分ないレベルです。

初心者や自操作が苦手の場合、制球力が低いとストライクが取りにくくなりがち。

ストライクを取りに行くと甘い球になって打たれやすいので、球威・制球のバランスが大事です。

ハフ:ヤクルト

3球種という点だけ見ると少ないですが、中身は十分な強さを持っています。

限界突破無しでサブポジションも使える選手は、無課金初心者にはイチオシです。

主観的・当たりランキング

  1. 藤川 球児:阪神
  2. モイネロ:ソフトバンク
  3. ハフ:ヤクルト
  4. ハーマン:楽天
  5. 唐川 侑己:ロッテ
  6. 田口 麗斗:巨人
  7. 一岡 竜司:広島
  8. 石川 直也:日ハム
  9. 岡田 俊哉:中日
  10. 近藤 大亮:オリックス
  11. マーティン:西武
  12. パットン:DeNA

Sランク2019【シリーズ2・中継】9月10日登場

2019シリーズ2では初登場の中継ぎ、セットアッパーといってよさそうです。

さらにはセリーグは全員助っ人外国人といったラインアップとなっています。

それではシリーズ1と比較しながら見ていきましょう。

【シリーズ2・中継】9月10日登場・評価一覧

平井 克典:西武

Sランク2019中継ぎ平井

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
平井 克典 西武 継S 先G抑G 6 27 78B 68C 68C 42E 45E 64C キレ◎
奪三振・改
対左打者
シリーズ1 継S 先G抑G 6 27 76B 70B 61C 42E 45E 62C キレ◎
奪三振
対ランナー

【寸評】制球はダウンですが球威・スタミナアップ、さらに変化球も底上げされている感じですね。

甲斐野 央:ソフトバンク

Sランク2019中継ぎ甲斐野

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
甲斐野 央 ソフトバンク 継S 先G抑C 5 26 78B 56D 62C 42E 59D 79B 奪三振◎
キレ・改
豪速球

【寸評】覚醒で登場していましたが、ついに通常Sランクでも登場してくれました。覚醒Sランクよりも球威、変化球ともに強化されていますね。

宮西 尚生:日ハム

Sランク2019中継ぎ宮西

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
宮西 尚生 日ハム 継S 先G抑G 4 28 82A 73B 58D 44E 48E 62C 対ピンチ◎
キレ・改
ノビ
シリーズ1 継S 先G抑G 4 27 81A 68C 60C 44E 48E 56D 対ピンチ◎
キレ
ノビ

【寸評】球威・制球がアップされ、さらに球種でストレートAとなってきました。これは大きいですね。

増井 浩俊:オリックス

Sランク2019中継ぎ増井

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
増井 浩俊 オリックス 継S 先G抑S 4 27 76B 68C 66C 40E 46E 74B 奪三振◎
キレ・改
ノビ
シリーズ1 抑S 先G継D 5 27 80A 68C 68C 40E 46E 62C 対ピンチ◎
キレ
奪三振

【寸評】TSでも登場。球威・スタミナがダウンしてしまいました。反面、抑Sとなりポジション的には使いやすくなりましたね。

石川 歩:ロッテ

Sランク2019中継ぎ石川

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
石川 歩 ロッテ 継S 先S抑G 7 28 75B 78B 75B 61C 60C 69C コントロール◎
キレ・改
対ランナー
シリーズ1 先S 継G抑G 8 28 74B 80A 77B 61C 60C 64C コントロール◎
尻上がり
対左打者

【寸評】制球Aがダウンですが、球威スタミナ同値となりました。中継・先発ともにSと全体的な使い勝手は良くなったといえそうです。

宋家豪:楽天

Sランク2019中継ぎ宋家豪

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
宋家豪 楽天 継S 先G抑S 5 26 75B 59D 61C 30F 44E 73B 対左打者◎
キレ・改
荒れ球
シリーズ1 継S 先G抑G 4 26 77B 57D 63C 30F 44E 50D 対ピンチ◎
キレ
荒れ球

【寸評】球威スタミナダウン、制球・球種アップで登場。さらに抑え適性もSなので使い勝手は悪くないですね。

フランスア:広島

Sランク2019中継ぎフランスア

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
フランスア 広島 継S 先E抑C 3 27 78B 63C 65C 42E 40E 79B 奪三振◎
ノビ・改
キレ
シリーズ1 継S 先E抑G 3 26 80A 63C 65C 42E 40E 65C 奪三振◎
対ピンチ
ノビ

【寸評】球威AからBと見栄え的には大きくダウンしたイメージ。ただ限界突破3回で抑えも可能となりました。

マクガフ:ヤクルト

Sランク2019中継ぎマクガフ

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
マクガフ ヤクルト 継S 先G抑S 4 28 78B 72B 68C 48E 52D 75B キレ◎
援護・改
対左打者
シリーズ1 継S 先G抑G 4 26 73B 72B 61C 48E 52D 78B 対ピンチ◎
援護
打たれ強さ

【寸評】球威・スタミナがかなりアップされてきました。さらに抑Sと、使い勝手・能力共にアップされてきた感じです。

マシソン:巨人

Sランク2019中継ぎマシソン

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
マシソン 巨人 継S 先G抑D 5 27 77B 71B 60C 42E 70B 73B 奪三振◎
豪速球・改
キレ
シリーズ1 継S 先G抑B 5 27 79B 74B 60C 42E 70B 80A 奪三振◎
豪速球
キレ

【寸評】球威・制球ともにダウン、さらに抑え適性もDと限界突破ナシでは使えなくなってしまいました。

エスコバー:DeNA

Sランク2019中継ぎエスコバー

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
エスコバー DeNA 継S 先E抑G 5 27 79B 70B 66C 40E 40E 79B ノビ◎
奪三振・改
重い球
シリーズ1 継S 先C抑G 5 27 76B 69C 63C 40E 40E 72B 奪三振◎
ノビ
重い球

【寸評】能力値が全体的にアップされてきました。球種内容もスライダーBにストレートBとかなり強化されたイメージです。

ロドリゲス:中日

Sランク2019中継ぎロドリゲス

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
ロドリゲス 中日 継S 先G抑D 4 27 81A 65C 62C 43E 45E 79B 対ピンチ◎
キレ・改
豪速球
シリーズ1 継S 先G抑C 4 26 76B 55D 62C 43E 45E 68C 超豪速球
対ピンチ
奪三振

【寸評】球威・制球が大幅にアップされてきました。変化球もツーシームAとなり、これは強力な中継ぎとなりそうです。

ジョンソン:阪神

Sランク2019中継ぎジョンソン

選手名 球団 ポジション 球種 コスト 球威 制球 スタミナ 捕球 スローイング 肩力 特殊能力
ジョンソン 阪神 継S 先G抑G 4 28 83A 74B 65C 42E 51D 75B キレ◎
豪速球・改
ノビ
シリーズ1 先S 継G抑G 5 27 76B 72B 77B 50D 52D 68C 対ピンチ◎
コントロール
安定感

【寸評】球威が大幅アップの反面、スタミナ大幅ダウンとなりました。球種数も減りましたがパワーカーブA、ストレートBは強力。

【シリーズ2・中継ぎ】9月10日・当たりランキング

2019シリーズ2初登場の中継ぎ・セットアッパーの能力はなかなか高い選手が老いイメージです。

自分が好きな選手が一番ですが、あえて主観的に当たりランキングを付けてみましょう。

基本的にはVロードの自操作の使い勝手を当たりランキングの目安としています。

ジョンソン:阪神

能力値、とくに球威83Aが魅力的ですね。

球種数が4つしかありませんが、球種のパワーカーブAとストレートがお気に入りです。

球種のランクが高いと球種数が少なくても打たれにくいし、守備力があれば打たせてアウトにできますからね。

宮西 尚生:日ハム

こちらも球威が魅力的な中継ぎ陣です。

球種数は少なめですが、ストレートAと2つのスラーブは強力です。

超特殊能力の「対ピンチ」も強力な武器になります。

石川 歩:ロッテ

能力Aはありませんが、球威・スタミナが75Bと高いレベルで同値となっています。

また、サブポジに先発Sもあるのでオーダーが組みやすくなりますね。

サブポジが限界突破無しで使えるのは無課金・初心者には大きなメリットとなります。

主観的・当たりランキング

  1. ジョンソン:阪神
  2. 宮西 尚生:日ハム
  3. 石川 歩:ロッテ
  4. ロドリゲス:中日
  5. マクガフ:ヤクルト
  6. 増井 浩俊:オリックス
  7. 宋家豪:楽天
  8. エスコバー:DeNA
  9. 平井 克典:西武
  10. 甲斐野 央:ソフトバンク
  11. マシソン:巨人
  12. フランスア:広島

【まとめ】2019シリーズ2・中継ぎ

プロスピA・2019シリーズ2では「スピリッツ3200」となっています。

シリーズ1より+100は大きなアップ!

シリーズ2選手が5人入れば、それだけでスピリッツが+500ですから大きな武器になってきます。

本来なら、がんがんガチャ回してゲットしたい所です。

エナジーの貯め方裏技を一挙公開!

Vロード周回にイベント報酬、それにミッションクリアなどなど。

エナジーの貯め方は判ったけど、その時間が無いんだよね。

手っ取り早くガチャひけるエナジーが欲しい!!!

なんて思ったことないですか?

そこでSランクがんがん持ってる友人にいくら課金したか聞いた答えがコレ!

「エナジー無課金でゲットする裏技使えば?」

自分だけトクするんじゃアレなんで、いつも読んでくれているお礼に紹介しちゃいます!

⇒エナジーの貯め方・裏ワザはコチラ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 2 =